ことわざ|当たって砕けろということわざについて筆者が考えたこと

Pocket

皆さんは人生の中で、一度は当たって砕けたことはありますでしょうか。筆者は人生のうちで、当たって砕けたことは数えるほどです。良い意味では慎重、悪い意味では臆病者なのでしょう。今回は、当たって砕けろについて考えます。

もくじ

  1. 今回のことわざの意味とは
  2. どんな時に使う言葉なのか
  3. その言葉はきっと背中を押してくれる
  4. 筆者は石橋を叩いて渡るタイプ
  5. 諦めるくらいなら当たって砕けろ
  6. 今回の記事のまとめ

今回のことわざの意味とは

読み「当たって砕けろ」

意味「当たって砕けろとは、成功するかどうかはわからないが、とにかく思いきってやってみよということ。」

故事ことわざ辞典参照

どんな時に使う言葉なのか

Aちゃん「○○君が好きなんだけど、〇〇君私の事どう思ってるのかな…。」

Bちゃん「〇〇君もAちゃんが好きだと思うよ!」

Aちゃん「でも、告白して断られたらどうしよう…。」

Bちゃん「〇〇君もAちゃんがきっと好きだって!告白しなよ!」

Aちゃん「でも…。」

Bちゃん「もう、焦れったいな!当たって砕けろ!告白しておいでよ!」

こちらは、ほんの一例(茶番)です

その言葉はきっと背中を押してくれる

人間誰しも、失敗を恐る傾向にあります。しかし、失敗を繰り返す人ほど成長も得られます。なぜなら、人よりたくさん失敗して学んでいるからです。しかし、日本人は失敗を恥ずかしがったり、怖がったりしますよね。

時には、慎重に行動することも大切です。しかし、慎重になりすぎるとつかみ取れる可能性があるものも失うことになります。つかみ取れる可能性がある未来を手放すより、少しの可能性に賭ける人生も楽しそうですね。

友達から言われたら、背中を押されてると感じます!

筆者は石橋を叩いて渡るタイプ

筆者はというと、石橋を叩きすぎて色々なものを失うタイプに分類されます。これは筆者がまだ、小学校時代の甘酸っぱい話です。筆者には、小学校時代に一目惚れした男の子のT君がいました。

しかし、その思いを抱えたまま卒業を迎えました。中学校も同じ学校でしたが、思いが伝えられず、結局高校は別々になりました。筆者の初恋にして、今の所最後の片思いの相手かもしれません。

このせいで、恋愛には奥手かもしれません…。

諦めるくらいなら当たって砕けろ

筆者は今だに、T君のことを思い出すことがあります。それは、彼にしっかり思いを伝えられなかったからでしょう。もしこの思いを伝えて断られたとしたら、次に進めていたのでしょうか。

自分の思いを伝えることは、時にとても恐ろしいことです。しかし、次に進むためには大切なプロセスになることがあります。失敗は成功のもとである事を信じ、突き進んでいきたいです。

今回の記事のまとめ

人生とは、選択の連続だと思います。もしあの時と後悔するくらいなら、当たって砕ける人生が良いのかもしれません。なんせこの人生は、ゲームのようにやり直しが出来るものではありませんからね…。

最後に後悔するくらいなら、当たって砕けろ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。