アヲイの珍事件|アパートが断水した編③

Pocket

PS.雪降る中歩くのは辛い…

時刻は17:50になろうとしていた。

不動産会社からは、今日中には直るであろうと聞かされていた。

しかし、何度携帯を確認しても連絡が入っている様子は見受けられない。

とうとう恐れていた時間帯、業務端末は18:00の時間を刻んだのであった。

携帯の着信履歴を確認するも、やはり不動産会社からは連絡がない。

とうとう我慢できなくなり、こちらから連絡してみる。

「申し訳ないんですけど、まだ改善していないんです…。」

マジか?!

さっきの電話では、もう少しで改善しそうとかいっとったやんか?!

昨日からお風呂に入っていないという状況で、とても耐えられそうになかった。

「申し訳ないのですが、どうしてもお風呂に入りたいのです…。」

こうしてお風呂に行くことになったのだが、ここで問題が生じた。

それは、向かっていた温泉が31日ということもあり閉まっていたのだ。

今ある最大限の選択肢を、頭の中で浮かべた。

このまま帰ろうか…。

別の候補になる銭湯に片っ端から向かうか…。

それとも、他になにか代わりになるものあったっけ…。

そうだ!

この橋を渡ったところにラブホテルがあったはず!

そこなら、こんな時期でもきっと営業しているはず!

もちろん、今まで一人でそんな場所へ行ったことはない。

飛んだ年明けの幕開けだと勝手に想像してしまったのは、言うまでもなかろう…。

To be continued…

応援はこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2件のコメント

  • ご挨拶、遅くなりました。
    新年おめでとうございます。
    大変な年末年始だったんですね…汗
    お疲れさまでした!続きもドキドキです…

    • Misa様

      コメントありがとうござます!
      急でびっくりしましたが、なんとか回復してくれてよかったです><
      人生生きていれば、こうした出来事に合うものですね…><

      今年もよろしくお願いいたします!

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。