アヲイの珍事件|iPhoneに起きた様々な事件簿!紛失編①

Pocket

PS.1ヶ月立たずにiPhoneを落とした人の心境とはいかに…

あの忌まわしい事件から、1ヶ月がそろそろ経とうとしていた。

SIMに関しては、3日で届いたのだが間はWi-Fi環境でしか使用できなかった。

iPhoneのアクティベートが完了していたから良かったものの、使用できなかったら死んでいた。

キャリアでSIMを借りて、iPhoneを使えるようにしていたのである。

そのため、自宅のWi-FiでiPhoneは使用できる状態であった。

それは、とある仕事の日に起きた。

ランチの時間になったのを確認して、家の近くにあるファミレスに向かった。

仕事の中で、もしかしたらこの時間が一番好きかもしれない。

何故なら、食べるのがめちゃくちゃ大好きだからである。

この日も何も考えず、iPhoneとお財布だけを持ってお店に向かった。

もしかしたら、この日はルンルンだったかもしれない。

何故なら、大好きなご飯食べ放題のお店だったからだ。

なんせ、ご飯食べ放題のお店には目がないのはご存知の通りであろう。

メニュー表を見ながら、何にするかじっくり考えていた。

しかし、こうもしてられない。

何故なら、一時間には仕事が控えているからである。

アヲイ「すいませーん。」

店員さん「はーい!」

アヲイ「唐揚げの定食を!」

店員さん「かしこまりました。」

ここでもちろんだが、ご飯を三杯完食して満足していた。

お店を出てすぐのセブンイレブンに寄って、チョコレートを購入した。

ここまでは、手元にiPhoneがあったことを覚えている。

店員さん「ありがとうございました〜!」

チョコレートと財布、それからおそらくiPhoneを持ってお店を出たはずだった。

チョコレートを満足そう食べながら、電話業務に集中した。

アヲイ「あと一時間で仕事終わるな〜!」

10分の休憩時間にiPhoneを見ようとしたところ、なんとiPhoneが無いことに気がついた。

確かに、ファミレスからは持って出たはず。

セブンイレブンは、レジだけだから落とすことなんてないはず…。

ということは、道すがらで落としたのか…。

一時間後、無事に電話対応を終えてiPhoneを探しに家を出た。

救いだったのは、どちらのお店もまだ営業している時間だったこと。

しかし、どちらのお店も道すがらも空振りだったのである…。

To be continued…

応援はこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。