フリーゲーム|石が主人公のゲーム?!石をてっぺんまで運ぶいしころというゲームについて記事にしてみた!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事はレトルトの動画を元にしております!

今回は、フリーゲームのいしころというゲームについて記事にさせていただきます。通常、そこら中に落ちている石ころですが、その石ころの気持ちを考えてみることはほとんどの方はなかったかと思います。しかし、このゲームを通して5分ちょっとのプレイ時間で、きっと石ころの気持ちになれるでしょう。

もくじ

  1. いしであるかどうか最初に確認される?!
  2. いしたちの悲しい嘆きが聞こえてくる…
  3. いしには長いストーリーがあるかもしれない
  4. 重力に逆らう坂
  5. 今回の記事のまとめ

いしであるかどうか最初に確認される?!

ゲームを始めてすぐに、プレイヤーはいしかどうか尋ねられます。これはおそらく、このゲームに入り込むために重要な要素ではないかと思います。あなたがいしである以上、余計な詮索は無用です。何も考えずにプレイすることが、このゲームでは必要な要素です。プレイ時間5分の中で、きっといしになり切ることができます。

いしを ころがして てっぺんを めざす ゲーム。

いしころ紹介より引用

この文章が指すように、プレイヤーはただひたすらいしという主人公を動かして上へ上へと進んでいきます。基本的な考え方からいくと、いしは重力に逆らって上に登ることはほぼないと思います。しかし、このゲームではその重力に逆らっていしをてっぺんまで操作していくゲームなので、プレイヤーからしたら新鮮でしょう。

このゲームは、いしを意志を持って動かしていくゲームになります!

いしたちの悲しい嘆きが聞こえてくる…

私たちは常に、生活を豊かにするためにいしを積み上げたりカットしたりしています。しかし、このゲームではその行為自体がいしたちの自由を奪っているという考え方になっています。確かに、私たちは生活をしていく上でこうしたものの自由を奪っているところがあるのかもしれません。

日本人の考え方に、八百万の神といった考え方があります。この考え方は、全てのものには神様が宿るという考え方です。もしかしたら、この何気ないいしにもそうしたものが宿っているのかもしれません。私たちは普段、何気なく使っているものでも、感謝の気持ちが大切かもしれません。

感謝の気持ちって、とても大切ですよね!

いしには長いストーリーがあるかもしれない

いしは通常、大きな岩が下に落ちてきて丸くなったり、砕けて小さくなっている物もあるでしょう。私たち人間にストーリーがあるように、もしかしたら地面に落ちているいしころも、そうしたストーリーがあるかもしれません。そんなことを考えていると、なんだか素敵に思えてきます。

筆者は幼い頃、川で綺麗な小石を集めたりすることが好きでした。また、これはいしではありませんが、海に落ちているシーグラス(瓶などが割れて丸くなったもの)なども収集していました。その当時はそれらが宝物のように美しくて、とても大切にしていた記憶が今でも残っています。

重力に逆らう坂

動画はこちらから!

こちらの記事はゾゾゾの動画を元にしております!

実は、日本には重力に逆らってものが登っていく坂があるそうです。筆者が知っているところとしては、群馬県と福岡県(久留米市)の2点です。このおばけ坂と呼ばれる場所でボールなどを置くと、その物が重力に逆らって上に登っていくというのです。当初動画で観た時は、筆者も驚きました。

しかし、日本には方向が正しく表示されないところや、ゼロ磁場なんていうものも存在します。そのため、通常ならあり得ないことが起きていてもなんらおかしくないのかもしれません。こうした場所にいしを置いてあげると、もしかしたら今回のゲームのようなことが起こるかもしれませんね。

筆者も、一度はおばけ坂に行ってみたいです!

今回の記事のまとめ

通常私たちは、第三者の人生になり変わることはできません。しかし、こうしたゲームを通じていしになれる時代に到達したようです。普段の日常に飽きが来ている方は、是非こうしたゲームでその役になり切るといいかもしれません。もしかしたら、ゲームを通じて今の日常に感謝できることがあるかもしれません。

ゲームのダウンロードはこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

3件のコメント

  • いつも、いいね!をありがとうございます
    私もいいね!を押すのですが反映されなくて^^;

  • いつも、いいね!をありがとうございます

    • mako様

      こちらこそ、サイトに来ていただきありがとうございます!
      私としては、サイトに足を運んでくださるだけで十分です!

      いつでもお待ちしております♪

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。