フリーホラーゲーム|左に進むだけで恐怖が襲ってくる?!つぐのひというゲームが操作はシンプルだけど恐ろしいらしいって本当?!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事はレトルトの動画を元にしております!

今回は、左に進むだけのゲーム、つぐのひシリーズについて記事にさせていただきます。通常のホラーゲームのスタイルであれば、探索をしてゲームを進めていくと思います。ところが、こちらのゲームは左に進むにつれて、どんどんおかしな現象が主人公を襲います。こちらは、シリーズ物となります。

もくじ

  1. 通学路を進むと怪異が起きるストーリー
  2. 猫のお散歩は恐怖の幕開けだった…
  3. 帰宅中の学生に襲いかかる恐怖
  4. 人形屋敷に誘われた少女に襲った恐怖
  5. 番外編:実況者に襲いかかる恐怖
  6. 今回の記事のまとめ

通学路を進むと怪異が起きるストーリー

つぐのひ/閉ざされた未来

こちらのゲームでは、主人公の少女が通学路を帰っているところから話が始まります。筆者の記憶では、こちらのゲームが第一シリーズだったかと思います。前述した通り、通常のホラーゲームであれば、部屋を探索するようなゲームが多い中、左に進むだけのゲームはかなり画期的だと思います。

「つぐのひ」シリーズとは?

これまでに映画化もされ、

国内外で人気を集めるフリーホラーゲームシリーズ。

横スクロール視点の短編ホラーゲームで、1回のプレイ時間は15~30分ほどです。

日常が徐々に不穏に包まれて行く、

恐怖への変化をお楽しみください。

つぐのひ公式サイトより引用

また、1日1日が過ぎるたびにおかしな現象に襲われるため、一緒に擬似体験ができます。それはとても、恐ろしい現象です。後ろの背景をみていただくと分かる通り、本物の写真を使っているのではないかと思うほどリアルに作られており(実際はイラストかもしれしれません)それが恐怖です。

猫のお散歩は恐怖の幕開けだった…

つぐのひ/ねこのひ怪奇譚

こちらは、主人公が猫で、猫の散歩中に猫が怪奇現象に襲われるという一風変わったゲームになっています。通常このようなゲームは、人間が主人公であることがほとんどであることから、こちらのゲームも視点的でとても楽しめるのではないかと思います。前回ご紹介した、Among the Sleepが思い出されます。

通常は、猫の視点で散歩することはないと思います。そのため、猫の気持ちになれるかもしれません。そのため、猫好きの方で尚且つホラーが大丈夫な方であれば是非プレイしていただきたいゲームです。視点がとても低いので、ホラーという部分を抜いたとしたら、猫になり切ってプレイできるのが利点です。

帰宅中の学生に襲いかかる恐怖

つぐのひ/幽闇の並葬電車

こちらは、電車で帰宅してる学生がモデルになっております。最初のゲームと違うところとして、歩いているのか電車に乗っているかの違いがあります。最初に紹介した閉ざされた未来をみていただく、後ろに電車のイラストが書いてあったと思います。もしかしたら、ストーリーが繋がっているかもしれません。

電車となると、徒歩と違ってまた見え方が違い、怖い感じが出ています。例えば、電車の外が見える景色がいつもと違った場合、ゾッとしますよね。このように、周りの景色が違うだけでゾッとするポイントが変わってくるのがまた、ホラーゲームの楽しさなのかもしれません。是非、プレイしてみてくださいね。

人形屋敷に誘われた少女に襲った恐怖

つぐのひ/囁く玩具の家

こちらは、主人公の少女が人形が売られているお店に入っていくところから、ストーリーが始まります。雰囲気含めて、このゲームが一番筆者的には好きです。もし小さな女の子だったとしたら、人形がたくさん置いてあるお店は夢の場所だと筆者は思います。そこから紡がれていくストーリーは、とても恐ろしいです。

筆者的には、どのゲームもとても素敵なゲームです。しかし、筆者もこのような幼い頃があったため、どのゲームよりもこちらのゲームの雰囲気が可愛らしくて好きです。筆者も昔は、小さなお人形などを見て心を踊らせていました。ホラーという部分を抜いたとしたら、そのような懐かしさもあるのがこのゲームです。

番外編:実況者に襲いかかる恐怖

つぐのひ/実呪者

こちらは、実況者のレトルトさんが作者さんに頼み込んで制作してもらったという、幻のゲームになります。こちらのゲームは、実況者であるレトルトさんのみがプレイできる幻のゲームになります。このゲーム実況者さんは、顔なども隠していらっしゃるため想像で作られています。

全体的に暗い雰囲気が続きますので、通常のゲーム実況者さんを知っている筆者からすると、なんだか変な感じがします。しかし、それもこのゲームの持ち味だと考えたらその不思議な感じもなくなります。もしかしたら、売れていないゲーム実況者さんならありえるかもしれません。

今回の記事のまとめ

今回は、つぐのひシリーズのゲームを紹介させていただきました。こちらのゲームは、操作こそ簡単ですが、1日過ぎるごとにだんだん恐ろしい現象が主人公を襲います。雰囲気がリアルで、なんだかその場所にいる気持ちになります。もしプレイされる方いらっしゃいましたら、十分注意くださいね。

ゲームプレイはこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

3件のコメント

  • It must be a very interesting horror game. Going only to the right is very original and it will also be very complicated.
    Good week with your games.
    Manuel Angel

    • Thank you for comment!

      左に行くだけでこれだけ怖いゲームは初めてです!
      私はプレイしたことがないので、プレイしたいと思いました♪

      是非また、足を運んでいただけたら嬉しいです!

      • もちろんやります。とても面白いと思います。

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。