フリーホラーゲーム|日本のマンガをモチーフにして作られたVEINLESS PROPERTYというゲームが怖いらしい!

Pocket

動画はこちらから!

今回は、日本のマンガをイメージして制作されたVEINLESS PROPERTYというゲームについて、記事にさせていただきます。日本のマンガがモチーフということで、効果音が日本語で表示されるという不思議さもありつつ、雰囲気がどこか恐ろしくてプレイするには注意が必要です。

もくじ

  1. 家の中からスタートする
  2. 全体がマンガチックになっている
  3. 世界を魅了するマンガやアニメ
  4. 今回の記事のまとめ

家の中からスタートする

こちらの記事はオダケンの動画を元にしております!

このゲームは、海外で制作されたゲームだそうです。また、このゲームは漫画家の伊藤 潤二さんのマンガに影響を受けて、制作されたそうです。そのため、所々に日本語がちりばめられております。日本語と英語が混ざっているので、なんだか新時代のゲームのように感じられます。

Veinless Property is a cell shaded horror game based on a home invasion in the style of Junji Ito.

!!!Play the game with High graphic enabled becouse otherwise the shader wont work as intended!!!

The mouse sensitivity can be changed in the pause menu. To open the pause menu, hit escape while the game is running.

Veinless Propertyは、伊藤潤二のスタイルで家に侵入したセルシェードホラーゲームです。

!!!ハイグラフィックを有効にしてゲームをプレイしてください。そうしないと、シェーダーが意図したとおりに機能しません!!!

マウスの感度は、一時停止メニューで変更できます。一時停止メニューを開くには、ゲームの実行中にエスケープを押します。

VEINLESS PROPERTY紹介より引用/Googleより翻訳

日本のマンガの特徴として、上のように効果音が大きく描かれているところのようです。日本人からしたら、さほど違和感がありません。しかし、海外の方からしたら、その方法が不思議なのかもしれません。怖くないかと思いきや、所々に恐怖ポイントが散りばめられています。

全体がマンガチックになっている

この写真を見ていただくと分かる通り、全体的にマンガチックに作られています。そのため、マンガが好きな人からしたら、とても好きなゲームかもしれません。また、海外のマンガの吹き出しも使われているので、本当に日本と海外が融合したかのような雰囲気のゲームのように感じられました。

ただ一つ、効果音以外は日本語に対応していないので、翻訳しながらプレイする必要がありそうです。翻訳機能がついていれば、もしかしたらもっと楽しめるのかもしれません。筆者の場合、英語は苦手な部類に入るので、ほんの少し分かる程度でした。英語が得意な方は、プレイしてみて下さい。

英語が苦手でも、雰囲気で楽しめると思います!

世界を魅了するマンガやアニメ

マンガやアニメは、日本を代表する文化といっても過言ではありません。そんなマンガやアニメがこうして海外で評価されていると、非常に嬉しく思います。しかし、海外ではそのような著作物を真似るような作品もたくさん存在します。そのことについては、とても残念に思います。

影響を受けてこのように作品化するのと、真似てあたかも自国が作ったかのように見せるのはわけが違うと思っております。そのため、影響されるにしてもオリジナル性が欠けないようにする必要があると思います。こちらのブログも、オリジナル性を目指して頑張りたいと思います。

このような形で日本文化評価されるのは、とても嬉しいです!

今回の記事のまとめ

今回は、VEINLESS PROPERTY(静脈のない所有物?)というゲームについて、記事にさせていただきました。翻訳にて調べたところ、この英訳が出てきました。もし、もっとふさわしい英訳をお持ちの方は教えていただきたいです。こちらのゲームはダウンロードできるようなので、是非プレイしてみてください!

ゲームのダウンロードはこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。