ライフハック|フルーツの魅力とフルーツの皮を上手に剥く方法について記事にしてみた

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事は便利ライフハックの動画を元にしております!

みなさんは普段、新鮮なフルーツを食べているでしょうか。一人暮らしであれば、カットフルーツで十分です。しかし、お子様がいる家庭では新鮮なフルーツを食べるのがいいでしょう。是非、お子様と一緒にやってみてください。

もくじ

  1. 数字で見るフルーツの栄養素
  2. フルーツの加工が農家を救う
  3. 上手にフルーツの皮を剥く方法
  4. 冷凍することによって美味しさ抜群
  5. フルーツを加熱するのはどうなのか
  6. 今回の記事のまとめ

数字で見るフルーツの栄養素

フルーツには、様々な栄養が豊富に含まれています。フルーツ缶もありますが、フルーツ缶だと腐らないようにシロップ漬けされているため毎日食べるのは糖尿病のリスクがあります。どのような栄養素があるのか、見てみましょう。

くだもの100gに含まれる主な栄養成分の含有量

引用したサイトはこちら

この表の中に、好きなフルーツはありますでしょうか。もしあるのであれば、そのフルーツにどのくらい栄養素が含まれているか知っておくといいでしょう。いくら好きなものでも、食べ過ぎは禁物です。

フルーツの加工が農家を救う

最近危ぶまれているのは、農家を継ぐ若い人が少ないという問題です。田舎で育った子どもたちは、都会へ進出するのが今の世の中です。また、出荷の単価がやすかったり、台風や傷などで出荷出来ないフルーツ出てきます。

最近では、フルーツの加工に力を入れている農家も存在します。それは、台風などで果物が落ちてしまった場合、市場には出せないからです。しかし、フルーツを加工する事により、形を変えて市場に出せるようになります。

上手にフルーツの皮を剥く方法

新鮮なフルーツを食べるときに一番ネックなのは、フルーツの皮を剥くところではないでしょうか。包丁で切るのが面倒だったり、剥きにくかったりでフルーツを食べる機会が失われたとしたら、とても勿体ないです。

フルーツの皮を剥くライフハック

イチゴのヘタをとる場合、お尻の部分からヘタに向かってストローを差し込むと簡単にヘタが取れます。お子様が楽しみながら行うといいのかもしれません。しかし、ポイントがずれると綺麗に取れないので注意です。

バナナの皮を剥くときは、頭からではなくお尻から剥くと綺麗に皮が剥けるのだそうです。上の黒い部分をグッと押すと、皮の部分が柔らかくなって剥きやすくなります。是非、バナナの皮を剥く機会があったらやってみてください。

オレンジは、ヘタとお尻の真ん中の皮の部分だけに切り込みを入れて、そのあとに手で剥く方法が紹介されています。そのまま手で剥いた場合、皮の部分が厚すぎて剥くのに結構苦労します。

こちらは、スイカを素手で割っています。しかし、そのまま素手で割っているのではなく、100円玉で真ん中に切り込みを入れてからチョップをしています。スイカ割りの棒なしバージョンですね。

ぶどうの皮を綺麗に剥く方法として紹介されているのが、熱湯で温めた後に氷水で冷やす方法です。そうすると、ぶどうの皮がするっと剥けるそうなのです。しかし、どのくらいの温度で温めたらいいのか不明なので今度試します。

冷凍することによって美味しさ抜群

動画はこちらから!

バナナやイチゴなどのフルーツは、冷凍するだけでアイスのように食べることができます。また、この写真のように工夫するだけでまた違った楽しみが出来ますね。是非、上の動画も参考にしてフルーツの美味しい食べ方を見つけて下さい。

フルーツ嫌いのお子様でも、冷凍なら食べられるかもしれません。

フルーツを加熱するのはどうなのか

誰しも一度は、フルーツ缶を食べたことがあるでしょう。そのフルーツ缶は、加圧加熱処理が行われています。しかし、フルーツによってはその加工を施す事によって色や味の質が落ちることもありますので、注意が必要です。

フルーツ缶の作り方についてはこちらから!

今回の記事のまとめ

砂糖菓子を食べるより、フルーツを食べるのが健康的にも良いでしょう。しかし、そんな美味しいフルーツでもアレルギーなどに注意が必要です。フルーツのアレルギーも、だんだん増えてきています。

是非、フルーツを楽しんでみて下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。