事件・事故|SNSの写真や動画投稿にご注意!実はExifのデータなどで現在の居場所がバレて泥棒に入られる可能性もある!

Pocket

今の時期に、自然界にクワガタがいる可能性は限りなく低いと思います。しかし、そんなクワガタが庭先にいたとしたら、驚きでついついSNSに写真や動画をUPしてしまうかもしれません。しかし、こうした写真を悪用して家を特定する輩がいるそうなのです。今回は、SNSに潜む恐怖について記事にしてみたいと思います。

もくじ

  1. SNSに潜む恐怖とは
  2. 実際に場所を特定する方法
  3. Exifのデータにご注意
  4. それでも共有した写真はある
  5. 今回の記事のまとめ

SNSに潜む恐怖とは

SNSとは、気軽に普段のことについて投稿ができるツールです。そのため、素敵な写真が撮れたり面白い動画が撮れたりした場合、共有したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。観光地などの写真であれば問題ないですが、自宅近所で撮影した場合は場所が特定される危険があります。

今回問題になっている事件も、自宅にいた生き物が珍しくて写真を撮ったらそれが特定されて色々なものを自宅から盗まれてしまったようです。また、動画や写真投稿の時間から投稿者の生活リズムが特定される可能性があります。このように、写真や動画は気をつけて投稿すべきでしょう。

実際に場所を特定する方法

筆者が聞いた話の中に、有名人がUPした動画や写真を特定する鬼女なる人々がいます。この方達は、有名人の色恋沙汰を突き止めたり自宅を特定したりします。例えば、写真に映る周りの風景などで突き止めるのだそうです。今現在は、プライバシー保護が叫ばれている時代です。

また、別の話では写真に映る目の中の風景を判断して場所を特定するのだそうです。そこまでの執念もすごいと筆者はおもいますが、そこまでして特定したいとは思わないのが実際のところです。特定するだけでも恐ろしいですが、自宅に来られたとしたらもっと恐ろしい事態です。

このように、SNSは恐怖が潜んでいます…。 

Exifのデータにご注意



実は写真には、Exifという居場所や時間が分かるデータが記録されます。写真だけ見たのでは、そのようなデータを見ることはできません。しかし、別のアプリケーションを使用することで実はそのようなデータを確認することができるのだそうです。

もし、見られたくない場合は設定で消すことができたり、はたまたそのデータを消すようなアプリケーションも存在するようです。そのため、写真をアップロードするようなことがあるであれば注意が必要でです。特定されないようにご注意ください。

写真をSNSにアップロードされる方はご注意ください!

それでも共有した写真はある

こちらの写真は、筆者が以前撮った写真になります。このように、街中には素晴らしい写真が撮れるスポットが溢れています。しかし、気をつけないと場所が特定される可能性も孕んでいます。筆者はこの写真に何か手を加えているわけではないので、おそらく場所や時間が特定できるでしょう。

しかし、筆者が安心していることとしては筆者は有名人ではないので特定される可能性が低いという点です。また、特定されたとしても筆者の家の近所ではないので自宅まで特定されることはないと思います。このように、特定されたとしても自宅までは特定されないような写真が無難でしょう。

今回の記事のまとめ

最近は、スマートフォンの発達で目まぐるしいと思います。また、気軽に使えることから怖いという意識が薄れがちです。気軽であるからこそ、自分の身は自分で守らなければなりません。その部分を意識することにより、危険なことを自ら守ることにつながります。

みなさん、気をつけましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。