人間学|コロナが私たちに考えさせてくれた事と再認識させられた事

Pocket

コロナが始まって、仕事場は鬼のように忙しくなりました。初めの内は、何かの対策がなされることなく日々が過ぎて行きました。私の会社では部署が分かれていて、隣の部署の慌てようと打って変わって何も対策されませんでした。それは大丈夫なのか、と不安になるほどでした。

もくじ

  1. 人の命をなんだと思っているのか!
  2. 友だちが在宅になりました
  3. 電車通勤で感じた事
  4. 結局会社は守ってくれない
  5. コロナが考えさせてくれたこと
  6. 今回記事のまとめ

人の命をなんだと思っているのか!

隣の部署がアルコールの準備やコロナ対策の記事を貼り出す中、私の部署ではこの時点では何も行われませんでした。それだけならまだしも、出社してきてもそれが当たり前のような態度です。一言嘘でも、こんな大変な時に”出社ありがとう”とか気の利いたことが言えないのかと思ってしまいました。お前何様か、と思うかもしれません。しかし、電車通勤もあり感染に対して不安だったのです。

友だちが在宅になりました

友だちが在宅勤務になりました。私と同じ業種でコールセンターです。友だちと私の違い、それは社長が外国人か日本人かです。国のトップもそうですが、家にいるように言いながらも、仕方ない人もいるといった対策だったと感じます。私はその”仕方ない”の一人でした。

なにも、会社に出勤するのが嫌だと言っているのではありません。命に関わる事象が起きているのに、隣と比べて何もなされていないその現実と出勤が当たり前といった態度に、驚きとショックが隠せなかったように感じます。大切にされていないと思えた瞬間でした。

電車通勤で感じた事

運が悪ければ、土日でも出勤する会社です。地下を歩いていると、今までは人で溢れていました。ところが、地下街のショッピングセンターが封鎖され人は激減しました。地下街は人が密集する為、感染リスクが高まります。今は少しずつ回復していますが、マスク着用義務であったり消毒の徹底が未だになされています。

結局会社は守ってくれない

結局、どんなに会社に尽くしても、社員は社畜としか扱ってもらえないんだとだんだん悲しくなってきました。そんな中でも、会社は効率を求め社員を馬車馬のように働かせて美味しい部分だけ奪っていくわけです。そんなに給料もあるわけではなく、大事にすら扱ってすらもらえない。こんな会社に勤めていては、不安でしかありません。

その一方で、行動が早い人たちは即座に辞めていきました。コロナが始まってからもその勢いは止まらず、そんな人々はこの状況下の中でうまく仕事を見つけられたのでしょうか。仲良くさせてもらっていた人たちが次々と辞めていく現実と、それを止めるための術を考えない会社に少しばかりどうなんだろうと考えてしまいました…。

コロナが考えさせてくれたこと

コロナは私たちに、様々なことを考えさせてくれました。また、今まで何気なく過ぎていた日々ですが、死を前にして生きることの大切さを再認識させてくれました。私の生き方はこれでいいのか、このままのらりくらりと生きていくのか、とよく考えるようになりました。

結局生きていなければ、その先の未来なんてありはしないのです。その先の未来を考えるのであれば、今のうちに行動していくことが正解なのではないかと再認識させられる事象でした。それではいけない、何か変えたい、その答えがメルカリや投資、このブログでした。

今回記事のまとめ

今回コロナを通して、会社は守ってくれない、だったら自分でなんとかしなきゃと危機感を感じたのはいうまでもありません。会社にだけ依存するのではなく、そのほかにも収入の柱を持っておくと急にリストラされてもなんとなかります。今回のコロナで、その事実を再認識させられました。私の場合、会社から離脱するその答えがメルカリや投資、ブログだったのです。

今の時代、自分で生きていくためには努力がどうしても必要です。その努力無くして、”なにが独立だ”と強く言われたような気がします。私は2020年までの間に、このブログを収益化することを目指しています。そして今年の目標は、やってみて出来ないとわかるまでは絶対に諦めない”強い心”を持つことです。今年は、そのための足がかりを是が非でも作り続けます。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

8件のコメント

  • こんばんは、フォローありがとうございます。
    記事をいくつか拝見させて頂きました。私の場合は支店レベルでは凄い良い対応をしてくれましたが、本社が全く何もしなかったですね。厳密には何かしてる感は出していたが結論何をしたと。
    記事も素晴らしいです。私もまだ収益化出来ていません。お互い収益化を目指して頑張りましょう。
    突然失礼しました

    • Makoto46様、コメントありがとうございます!
      今回の出来事でちょっと会社に不信感が出てしまいました…。
      このまま会社に身を委ねておくのは怖いなと。
      一緒に収益化目指して頑張りましょうね!

  • こんばんは。
    そうですね、有事の際こそ、飾らない本質が見える物ですよ。
    それが、元々違和感や不信感を感じていた場合、ピンと来るタイミングですよね。
    これからの時代、手段が有るに越した事は無いと思います。

    はい、頑張りましょう。コメント有難うございました。

    • コロナで考えさせられることは多かったです><
      やはりこのまま会社にだけ身を任せるのは不安です…。
      その他の方法も探していけたらと考えております!
      そのうち真剣に書くためにブログも無料から有料に切り替えていこうと考えております!

  • コロナで仕事がなくならず、それでもこれだけ得られるものがあったのは素晴らしいことです。3ヶ月間売り上げがゼロになり、給付金+コロナ融資で何とか生き残った者からは羨ましいの一言です。それでも何も得られるものがないというのは考えさせられてしまいます…

    • コロナでそれでも働かせてもらえたのは本当に感謝の一言です!
      しかし、それでも今回の会社の初動には不安を覚えました><
      会社に勤めたくないわけではないのですが、おそらく私には集団で働くといった働き方が向いてないように思います><
      これからは、一つのことだけにとらわれず色々なことにチャレンジしていけたらと考えております!
      今までは、始める前からできないと逃げてきた人生でした。
      しかしそれではただ逃げているだけでブログもどうせできないと始める前から思っていたことです。
      いざ始めてみるとたくさんいいねがついて、こうしてコメントをいただけるまでになれて始めてよかったと思う今日この頃です!
      やはり今からの時代、会社一本に絞るのは本当に不安です…。

      これからも投稿頑張ります!

      • 失敗の痛手は確かに辛いですが、それでもやらなかった後悔の方が、やってみて失敗した時の後悔より遥かに大きいと言います。

        でも自分で会社を始めると、正にそれ一本に絞るわけですが、毎日、毎週、毎月、毎年不安の連続です。但し嫌な上司はいません(笑)。

        • 確かに、やらなかった後悔はもっと痛手そうです><
          みなさんと共に高め合っていけたらいいのですが…。

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。