人間学|レジ袋有料化になって気づいたメリットとデメリットとは

Pocket

令和2年7月1日スタート

今まで無料だったレジ袋が、いきなり有料になって少し戸惑っています。また、最近ネットショップでもショッピングバッグを購入される方が多くなってきました。今回はレジ袋有料化に伴い、筆者が今思っていることを記事にしてみたいと思います。

もくじ

  1. 賛成派と反対派で意見が分かれる
  2. 無料だった事を知らない世代が生まれる
  3. レジ袋有料化は企業の努力不足なのか
  4. 当たり前を組み込めば苦行ではない
  5. レジ袋有料化が考えさせてくれたこと
  6. 今回の記事のまとめ

賛成派と反対派で意見が分かれる

どんな改革が施行されても、最初人々は戸惑い賛成派と反対派が生まれるのは目に見えてわかることだと思います。例えば、以前施行されたゴミ袋有料化にしても最初は反対派の人もいましたが、施行された後になればだんだんそれが当たり前になっています。

また、消費税にしても5%から現状は10%にまで引き上げられました。最初こそ批判的な声もありましたが、だんだんそれが順応してきて当たり前になりつつあります。消費税にしてもゴミ袋有料化についても、それが日常になれば脳が勝手に認識していく思います。

レジ袋有料化は企業の努力不足なのか

とある人が、レジ袋有料化は企業の努力が足りないと言いました。しかし、実際無料のレジ袋に甘んじてきたのは消費者である私達です。確かに、コンビニに行ってレジ袋が有料というのはちょっと大変かもしれません。

しかし、企業側もそれだけレジ袋に料金を支払っていたと思うと有料もやむおえないと思います。もし消費者が、スーパーなどでレジ袋を買おうと思ったらそこにお金を払いますよね。企業も全く同じ原理だと思います。

こうした改革は賛成反対がはっきり分かれるのが世の常です。

無料だった事を知らない世代が生まれる

現代に生きている私たちは、それこそ無料の時代を知っているのでレジ袋が有料になったと聞いたらあの頃はと感じるのかもしれません。しかし、今から生まれてくる子どもたちはレジ袋無料の時代を”知らない”ということになります。

ニュースなどで流れてくれば、そんな時代があったんだということは理解できるかもしれません。しかし、実際にその時代の中にいないのでもしかしたらレジ袋無料ということがどのような感じなのかイメージができないかもしれません。

当たり前を組み込めば苦行ではない

私は今まで、なんどもブログにチャレンジしては諦めてを繰り返してきました。そして、なんど諦めて別のブログに移ってきたか計り知れません。しかし、私は今年こそ絶対諦めないという目標があります。

そこで、第一に決めたのがブログを日常化しよう計画でした。必ず1日1記事書こうと決めたのです。そして、書けなかった時の保険として書ける時になん記事も書いて準備しているのが現状です。

毎日書くと決めてもネタがなければ書けません…。

レジ袋有料化が考えさせてくれたこと

レジ袋有料化にいずれ人々は順応して、無料だったことすら忘れていくでしょう。そして、今でも、地球は温暖化で世界は崩壊の一歩を辿っています。消費者からしたら、たかがレジ袋一枚かもしれません。

しかし、そのレジ袋一枚で少しでも地球を救って子どもたちに明るい未来を残せるのなら、大人が努力するのもいいのではないかと思います。そして、世界中が明るい話題で持ち切りになる事を願っています。

2020/07/09 余談1

レジ袋有料化に対して、批判的な考えは持ち合わせていませんでした。しかし、生理用品に対してもレジ袋に対応していないというのは、ちょっと違うと感じてしまいました。せめて紙袋に入れてくれるとか、そのような対応をしてもらえない店舗はちょっと今後来店するのを検討するかもしれません。

2020/07/16 余談2

本日エコバックを購入しました。弁当のマチ付きバッグで、今日購入したお弁当がすっぽり入りました。その名もBentoという製品です。色々なデザインのものが置いてありましたが、レモンのイラストのついたデザインのものを購入しました。一人暮らしには700円ほどでお安かったです。

公式サイトはこちらから!

今回の記事のまとめ

始まった当初は、どのサービスでも完璧なものはありません。また、無料だったものが有料になるのは批判がつきものです。しかし、いつしかそれが遠い昔の事だったように感じるのが人間だと思います。

いつになったら有料が当たり前と思えるようになるのでしょうか…

ブログランキング・にほんブログ村へ

2件のコメント

  • 日本のレジ袋が有料になったんですね、知りませんでした!ブルガリアでも何年か前から有料になって、そういえば今ではもう当たり前になっています。エコバックを持っていくこともありますが、ブルガリアでは指定のごみ袋というものがなく、しかも指定の時間や曜日というものもなくかなりエコな国でして、このごみ袋代わりにレジ袋が結構役立ちます~。(ちなみにレジ袋、店によって有料だったり無料だったり(*’▽’) )

    • chebandgena様
      コメントありがとうございます!
      日本と海外ではたくさん違いがあるのでしょうね><
      いつか世界を飛び回れるようになりたいです!

      またお越しいただければ嬉しいです〜!

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。