保育園|おむつを早く外すなら布おむつがオススメな理由4選

Pocket

最近では紙おむつが主流になり、おむつ外れが遅くなりつつあります。なぜかというと、紙おむつだと濡れた感覚がないため気持ちが悪い感覚がないそうです。今回は布おむつにフォーカスして記事を書いていきたいと思います。

もくじ

  1. モンテッソーリ園で学んだ布おむつ教育!
  2. 布おむつを使用する上で必要なもの!
  3. 布おむつを使うメリットとは?
  4. 布おむつを使うデメリットとは?
  5. 今回の記事のまとめ

モンテッソーリ園で学んだ布おむつ教育!

一年目の保育園は、モンテッソーリ園で布おむつを使用する保育園でした。室内で活動する時は、パンツ式の布おむつを履いてズボンは履いていなかったので歩くようになってくるとトイレへ行き、自分でパンツを脱ごうとする子もいました。

布おむつを使用する上で必要なもの!

パンツ式の布おむつ

保育園だからこそできるのだとは思いますが、パンツ式のおむつを使っていました。通常のパンツより吸水性はありましたが、床が濡れるのは日常茶飯事だったため自宅での使用はあまりオススメできません。

布おむつを入れるための箱

子どもでも手に取りやすい場所にパンツをおいて、自発を促していました。すると自然とトイレに行って、自分でパンツを着脱していました。オススメは、トイレにこの箱を設置することだと思います。

濡れたおむつをいれるゴミ箱

私の保育園では、足で踏んでゴミ箱が開く方式のものを設置しておりました。ただし注意点があり、指を挟まないようにする必要があったので大変でした。生活用品を使う練習に、いいかもしれません。

パンツを履くための椅子

自立の一歩を踏むために、椅子を用意して座って着脱ができるように設置していました。履かせてもらうより、自分で履けるようになると自信がつくので、オススメですよ。さりげなく、自立を促してみて!

次亜塩素酸水

床が排泄物で汚れた時に、次亜塩素酸水を使って掃除していました。子どもが舐めても大丈夫なものを使っていたので、保育園で使うとしたら安心です。園では、次亜塩素酸水を作る機械がありました。

床拭きの雑巾

次亜塩素酸水をふりかけながら、床を掃除していました。雑巾については、一枚では足りないのでたくさん必要です。保護者の方に準備していただいていたので、豊富にありました。幼いうちは必需品です。

パンツ用の洗濯機と乾燥機

パンツを洗う専用の洗濯機と乾燥機がありました。晴れた日は外に干せますが、雨の日は外に干せないため、乾燥機がついている洗濯機を使って洗っていました。1日に2回は洗っていた気がします。

布おむつを使用する上で必要なもの!

1.濡れた感触があり、オムツ外れが早くなる

紙おむつを使っていると、CMで言われている通りサラサラのままいることができます。しかし、その状態だと濡れている感覚を感じることができないため、気持ち悪いとから外したいという感覚が育ちません。おむつ外れが遅くなる要因はここにあります。

2.節約できる

紙おむつだと、無くなったら都度購入しなければならないのでお金がかかります。布おむつだと、洗えばいいので一回買ってしまえばボロボロになるまでは使い続けることができます。それは布おむつの利点の一つかもしれませんね。

3.吸収材は体に悪いらしい

吸収材は体に悪いという方と、そうでないという方といらっしゃいます。私は体に悪いのではないかと信じております。小さなうちから、コットンや綿などの天然素材に触れるのがいいのではないかと思います。ここについては人それぞれなのかなと。

4.紙おむつが無くなった時の保険になる

紙おむつが無くなった時の保険として、買っておいて損はないと思います。すぐに紙おむつを準備できればいいのですが、なにかしらの理由で買い物できない場合や、ネット購入ですぐ来ない場合にもにも対応できるので予備として準備できるといいですね。

布おむつを使うデメリットとは?

1.お洗濯が大変

小さいうちは、どうしても洗濯物が山ほど溜まっていきます。ただでさえ大変なのに、おむつまで洗い物が増えるためちょっと面倒かもしれません。また、他の洗濯物と一緒に洗うことに抵抗がある場合、光熱費なども別途かかってくる可能性があります。

2.お出かけ時に布おむつだと取り替えが大変

外出時に布おむつだと、着脱が大変です。また、布おむつはかさばるため、何枚か準備しなければなりません。持ち運びは不便です…。外でたくさん遊びたいのに排泄が邪魔をして、子どもの遊ぶ時間を奪ってしまうかもしれません。

3.吸水力が無くなってズボンを汚す可能性がある

布おむつをなんども洗濯すると、だんだん吸収力が無くなってきます。そうすると、余計な洗い物が増えることがあります。オススメとしては、紙おむつに布おむつを1枚挟んで使用すると、ズボンを濡らす不安を解消することができます。

今回の記事のまとめ

今回は、布おむつについて記事にしていきました。布おむつの良さは知っていても、面倒臭くて使用したくない方もいらっしゃるでしょう。しかしメリットが大きいので、何枚か持っておくといいかもしれません。もし今回の記事が参考になったら、予備として何枚か揃えてみてください。きっと役立ちますよ!

ママとお子様の楽しい毎日が続きますように…。

¥ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。