映画・動画|ふしぎ遊戯というアニメに魅せられて

Pocket

ネタバレ注意

友達に勧められて、ふしぎ遊戯というアニメを観てみました。友達曰く、このふしぎ遊戯は中国の神話が元になっているそうです。見始めた当初はそこまでハマるとは思っていませんでしたが、どんどん話数が進むにつれて気になりすぎて次へ次へとお話を進めていました。

もくじ

  1. ふしぎ遊戯のあらすじ
  2. 主要キャラ紹介
  3. 美朱を守る七星士
  4. 今回の記事のまとめ

ふしぎ遊戯のあらすじ

とある少女二人が図書館に行くと、主人公は図書館で朱雀が飛んでいく姿を見つけます。そのまま導かれるように立ち入り禁止区域の書庫へ向かうと、本棚から落ちてきた四神天地書(ししんてんちしょ)という本が落ちてきました。

少女はその本がどんな本なのか知らず、その四神天地書を開くとなんとその本に吸い込まれてしまったのです。その本の中に吸い込まれてしまった二人は、その後二人は、その本が起こす奇妙な出来事に巻き込まれてしまうのでした….。

主要キャラ紹介

写真左:朱雀 写真右:青龍

このストーリーは、本に吸い込まれた二人の少女が敵同士となり話が展開されます。敵同士で傷つけあい、そこには青龍側の心宿(なかご)の思惑があったのでした。七星士(しちせいし)を集めて願いを叶えてもらうことで、元いた現実の世界に二人の少女が帰ることを目的としています。

主人公:夕城美朱(ゆうき みあか)

写真右側

主人公は本の中に吸い込まれ、そこで鬼宿(たまほめ)という額に鬼が書かれた少年と出会います。危ないところを助けられ一緒に旅をしていく中で、だんだん鬼宿心惹かれていくのでした。

鬼宿(たまほめ)

こちらは、主人公が死ぬ気出会いした鬼宿(たまほめ)です。鬼宿は積極的な美朱に困惑しつつも、だんだん美朱の事が好きになるのでした。鬼宿は、美朱を救う宿命を持って生まれたのでした。鬼宿は、その間で苦しみます。

本郷唯(ほんごう ゆい)

彼女は、美朱と共に本に吸い込まれたもう一人です。美朱とは幼稚園からの付き合いで、二人は大の仲良しでした。しかし、互いに鬼宿を愛してしまいそれが本の中で互いに傷つけあい内戦に繋がります。

心宿(なかご)

心宿(なかご)は青龍側の七星士の一人で、物語前半では悪者の書かれ方をしています。そんな彼自身も悲しい過去を持っており、そうならざるを得ない事情を抱えているのでした。

星宿(ほとほり)

星宿(ほとほり)は美朱のことを好きになり、鬼宿(たまほめ)とは恋敵となります。美朱の恋心は知りつつも、なんとか振り向かせようと頑張る姿は本当にみているこっちも応援したくなります。

美朱を守る七星士

美朱と唯には、七星士と呼ばれる7人の仲間を集めることでストーリーが展開していきます。そして、美朱と鬼宿(たまほめ)はその中で愛を育んでいきます。愛の力は世界をも守る、そんな素敵なストーリーだと私は思いました。

今回の記事のまとめ

この話を観はじめてから、どんどんストーリーを進めていき寝るのも忘れてどんどん観てしまいました。友達曰く、何度か見返したら内容が頭に入る深いストーリーなんだそうです。私も、もう一度最初から見返すかもしれません。この記事を読んで観てみたいと思ってもらえた方のために、内容を深くは書かないことにしました。

愛の力は何者にも引き裂けない強大な力がある!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。