幸せ学|考え方次第で自身を生かす事も殺す事も出来てしまう

Pocket

私はこの度、会社を辞めることになりました。なぜかというと、度重なる心身的なストレスに耐えきれなくなっていたからです。騒がしいセンターの中にいると、それだけでイライラしていましたし雑談を楽しむ上司の方々の姿もみていたので、その光景とおさらばできるんだと思うと少し気が楽になっています。

もくじ

  1. 正直ずっとイライラが募っていました
  2. すでに限界を突破していた精神状態
  3. なぜここまで来てもやめなかったのか?
  4. 考えすぎはいかがなものか…
  5. 友達以外に相談してみた!
  6. 会社を辞めることは次へのステップ!
  7. 今回の記事のまとめ

正直ずっとイライラが募っていました

会社と色々があり、ずっとストレスが溜まっていました。吐き出す場所は、友達の前とこのブログだけでした。少し前に始めたこのブログは、自分の心と向き合うことで十二分に心の支えになり得るものでした。向き合うことで見えてくるものや、改善しうようとする心も生まれました。

しかし、こちらが電話を取っているのに雑談している上司の姿や、質問してもすぐに答えが出ないこのセンターに誰も違和感を感じていない状況が、私を苛立たせる原因でした。なんのために上司が存在しているのか、雑談するならカフェにい行けよ。これがいつも私の心の中にあるわだかまりでした。

すでに限界を突破していた精神状態

こんな会社と呼ぶことすら難しい環境で心がどうにかなりそうで、だんだんやる気を失っていきました。もう全てを抹消したくなっていました。なぜ私をここまで突き動かしたのか、今となってはもうわかりません。しかし、私の怒りゲージが日々、どんどん上がっていたのはいうまでもありません。

心のダムの決壊が一気に崩壊した私は、何度かそのイライラを他人にぶつけました。今思えば、本当に最低だと思います。しかし、怒りの矛先は雑談して電話対応中でも笑いあっている上司にいつも向けられていました。その上司に、私はありったけの怒りで対抗してしまったのです。本当に最低ですね…。

なぜここまで来てもやめなかったのか?

正直、途中で投げ出して会社を辞めることは、私にとっては負けを認めた事と同じでした。しかし、周りはそんなにキツいなら辞めたらいいと促してくれていました。それは私を思ってのことだったのですが、そんな周りを無視して私は壊れる寸前まできていることにも気付かず突っ走っていました。

考えすぎはいかがなものか…

私の悪い癖なのですが、一つごとを考え出したらなかなかループから抜け出せなくなる傾向にあります。悪い考えはやる気や元気なんかも奪ってしまい、疲れる原因になりました。寝ても寝ても疲れがとれず、何度会社を休みたいと考えたか数しれません。

もう一つの悪い癖は、他人に相談せず一人でなんでも解決しようとするところかもしれません。相談は大嫌いで、一人でなんでも考え込んでしまうのです。なんと面倒臭い性格なのでしょうか。でもそれが私なのです。こうなったら、受け止めるか改善するかしかありません。

友達以外に相談してみた!

また私の考え込む悪い癖が発動しそうだったので、咄嗟にいつもお昼にランチにいくお店で、独り言のように「会社やめる事になって…。」と相談しました。すると本気で考えてくれて、仕事が見つからないならウチで働いていいとお墨付きまでいただきました。

私は基本的に、会社を辞めることは悪い事だと考えています。また、自分を信じきれていないため、周りの人間にも信じる気持ちを持てないところがあります。深い付き合いなら別ですが、そうでないなら一歩引いて境界線を作ってしまう事が多々あります。

会社を辞めることは次へのステップ!

会社を途中で辞めることは悪い事だと考えていたのですが、そこの店主さんは「新しいことができていいじゃん!だって俺なんて3日で会社辞めたことあるよ。」と言っていました。私にはそんな考えがなかったので、一瞬ぽかんとしてしまいました。

しかし、今更考えると自分を生かすも殺すも、結局自分自身なんだと思いました。そこで、考えすぎて手が止まってしまっていた次への就職活動をスタートさせました。次に狙っているのは、リモートワークで誰とも関わらなくていい環境を手に入れることです。

今回の記事のまとめ

どうしても忘れがちですが、自分を愛することで余裕ができて周りを愛することができるんだと再認識しました。自分を卑下してしまう性格で、なんでもかんでも悪い方向へ考えてしまう癖はなんとかしたいものです。

また、信頼があれば周りに相談もできるんだと感じました。いつもお世話になっているお店で、ランチは毎回そこに行くほど好きなお店です。そんなお店だったからこそ相談できたのかもしれません。

次の仕事探しもぼちぼち頑張ります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。