幸せ学|退勤後のウォーキングとヘルスケアアプリケーションの活用法

Pocket

まだまだ雨が降っており、なかなか歩けない日々が続いていました。それでも天気や時間を見つけては、外からを歩くようにしています。以前記事にした、通勤と退勤時にも歩くようにはしています。しかしそれとは別に、退勤時に別ルートを使って長めに歩くように心がけております。今回はウォーキングについて、メリットとデメリットを書いていきたいと思います。

もくじ

  1. ウォーキングを行なってみて
  2. 事務仕事とウォーキング
  3. 退勤後のウォーキングの成果
  4. 友達と歩くことのメリット
  5. 今回の記事のまとめ

ウォーキングを行なってみて

私の場合、仕事に行く時と帰る時にウォーキングを行なっております。最近暑くなっており、予想通り行きは汗をかくことが増えました。夏場はやはり、仕事前のウォーキングは控えて交通機関を使うべきだと感じました。しかし、帰りはまだ少しは涼しいのと汗をかいてもお風呂に入ればいいのでまだマシかもしれません。

事務仕事とウォーキング

事務仕事を行う上で、椅子に座りっぱなしで体が硬くなってしまいます。しかし、体を動かすことによってストレスを発散させることが出来ます。理想としては、行きと帰りに歩く事です。しかし、急に雨が降ったりするので今の時期は折りたたみ傘が必要かもしれません。紐で留めずに外に出しておけばすぐに乾くので、一本持っておくといいでしょう。

雨靴を持っておくと最強です!

退勤後のウォーキングの成果

筆者はiPhoneを使っており、ヘルスケアというアプリから日々歩いた歩数を見ることができます。そこで、今回は筆者のヘルスケアの画面を見ながら、どのくらい歩いているのか一緒に振り返りたいと思います。また、ヘルスケアのアプリについて知らない方には、ぜひ今後使用していただきたいです。

このように、iPhoneを持ち歩いておくだけで勝手に歩数を計算してくれる優れものです。もしiPhoneやApple Watchを持っているけど使った事がない方は、相当損をしています。ぜひ設定などを見返して、有効的に使ってあげてください。この機能は使わないと損です。

  • ヘルスケアの公式資料はこちらから!
  • ヘルスケア管理についての公式資料はこちらから!

友達と歩くことのメリット

今まで、退勤時のウォーキングは一人で黙々と歩いていました。しかし、最近流行りのリモートなるものを駆使して、LINEで会話しながら歩くようにはなりました。そうすると、退勤後すぐに直帰していたのが時間をかけて歩くウォーキングに変わりました。誰かと目標を達成するのは、自身にもつながる気がします。

退勤ウォーキングの注意点

退勤後のウォーキングであれば、汗をかいてもすぐにお風呂に入ればいいです。しかし、退勤後のウォーキングといえば夜のウォーキングになるので、気をつけるべき点もあります。冬時期なのか夏時期なのかによっても、気をつけるべき点変わりそうです。

退勤後のウォーキングは、基本的に夜に歩く事になります。そのため、特に女性は注意が必要です。リモートウォーキングの場合、注意力散漫になりがちです。そのため、周りに注意しながらのウォーキングが必要です。なるべく、街灯のある場所を選びましょう。

今回の記事のまとめ

今回は、退勤後のウォーキングについて記事にしてみました。退勤後のウォーキングは、場所によっては危ないところも多いです。そのため、市街地に住んでいらっしゃる方ならまだ安全なのかもしれません。体も大事ですが、安全第一なのを忘れないでくださいね。

適度な運動は大切です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。