映画・動画|お子様がいる家庭は要注意!ドラム式洗濯機の危険性について!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事は世界フシギ図書館の動画を元にしております!

最近のご家庭は、ドラム式洗濯機が増えてきていると思います。しかし、このドラム式洗濯機で悲劇が起こっているそうです。今回は、ドラム式洗濯機で起こった悲劇について記事にしてみたいと思います。

もくじ

  1. ドラム式洗濯機のメリットとは
  2. ドラム式乾燥機のデメリットとは
  3. 事件はこうして起こった
  4. 今回の記事のまとめ

ドラム式洗濯機のメリットとは

一人暮らしの今の自宅では、ドラム式の洗濯機ではなく従来の縦型の洗濯機を使っています。しかし、ファミリーで暮らしているご家庭ではきっとドラム式洗濯機が主流担ってきています。まず、ドラム式洗濯機の利点についてまとめます。

ドラム式洗濯機のデメリット

  • 洗濯機の中でくるくる回るため叩き洗いができる
  • 縦型の洗濯機より少ない水(1/2)で洗うことができる
  • 乾燥機能が充実しており短い時間で乾燥が可能である
  • デザインがかっこいい物がたくさんある

ドラム式乾燥機のデメリットとは

一方で、ドラム式洗濯機のデメリットもあります。色々な製品に言えることですが、メリットがあればデメリットもあります。それを元に見比べて購入すると、間違いがなく済みますので大事なことです。

ドラム式洗濯機のデメリット

  • 値段が割高で20-30万はする
  • 途中で洗濯物を入れることができない(洗濯機が開けられない)
  • お子様にとって危険がある

今回はお子様にとって危険があるについて触れていきます!

事件はこうして起こった

子どもは、新しいものに対して興味を持ちます。例をあげるとすれば、色々な品物が見られるショッピングセンターなんかは、いけないと注意してもはしゃいでしまう子もいるでしょう。

ドラム式洗濯機が起こした痛ましい事故

このイラストのように、小さな子どもは新しいものにとても興味を持ちます。どうやら彼の場合、洗濯機の性能より洗濯物を入れる空洞部分に興味を持ったようです。しかし、これが悲劇の始まりでした。

両親が寝静まったのを見計らって、そっと布団を抜け出した彼は洗濯機の中に入り込みました。サイズ的にも、小さい子どもならすっぽり入ってしまいます。そして、彼はドラム式洗濯機から出られなくなってしまいます。

ドラム式乾燥機の仕組みとして、一度扉を閉めたら開かない構造になっているそうです。確かに、洗濯中に扉が開いてしまったとしたら大惨事になります。しかも、密閉性が高く長時間いると窒息してしまうんだそうです…。

その後取られた対策として、ドラム式洗濯機にロックをかけたり近寄らせない対策をする家庭が増えてきたそうです。それでも、ドラム式乾燥機の悲しい事故は起き続けています。今後、このような事件が起きなければいいのですが…。

便利なものは時に危険物になり得ます!

今回の記事のまとめ

今回は、ドラム式洗濯機の恐怖について記事にしてみました。今回取り上げた内容は、本当にあった話です。便利な世の中になってきていますが、その便利なものにも危険が潜んでいます。正しい使い方と、正しい知識を持つ事が大切です。

年齢別、自宅で気をつけたい事故の詳細はこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

3件のコメント

  • ドイツでは、基本的に全ての洗濯機がドラム式ですが、そういう事故は聞いたことがありませんでした。

    チャイルドロック機能も見たことがありません。

    でもそれは、ドイツと日本の住環境の違いから来るものと思われます。

    ドイツでは普通、一軒家でもアパートでも、いくつか地下室があって、その内のひとつが洗濯室になっています。

    そこに洗濯機が置いてあるので、子どもが行かないから、そういう事故もないのでしょう。

    でもたまに、台所に洗濯機を置いている家もあることを思い出しましたが…

    • netdeduessel様
      ドイツではドラム式洗濯機が主流なんですね!

      日本ではそのような事故が起きたからおそらく改善されたのでしょうね。

      改善されることはいいことだと思います!

      このような事故がもう起きなければいいのですが…

      • そういう点、日本はとても対応が早いと思います。

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。