映画・動画|コロナをきっかけに買い物のあり方が変わり始めた!ネットだけで買い物が完結する未来とは?!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事はアベプラ【公式】の動画を元にしております!

今まで外へ出て買い物するのが当たり前でしたが、これからは外出せずに買い物するのが主流になりそうです。今回は、買い物事情がどのように変化しているのかと、今後の未来予想について記事にしていきたいと思います。

もくじ

  1. コロナで買い物の仕方が変わった
  2. ネットショップ需要は増えている
  3. 混乱したネットショップ業界と物流業界
  4. 結婚指輪はネットで買う時代?!
  5. バーチャルのお店はどんな感じ?
  6. 自動で品物が届く時代とは?!
  7. 進んでいる中国のショップ事情
  8. ネットショップの今後の課題
  9. 今回の記事のまとめ

コロナで買い物の仕方が変わった

こちらのお店では、5000円セットを購入した際にある程度中身が決まっており、その後は店員さんのおすすめを盛り込むスタイルなんだそうです。そして、その内容を決めたスタッフが自らお客様の元へ出向きます。

また、普段置かない商品も取り扱ってサービス品として届けることもあるそうです。そうすることで、お客様が次に買い物する時に期待感を与えることができます。そのように接客するのは、そうした狙いがあるそうです。

ネットショップ需要は増えている

こちらの表を見ていただくとわかる通り、ネットショップ需要はどんどん増えてきています。ネットショップのコールセンターで働いていた時は、全然電話が鳴り止みませんでした。そのため、こちらは息つく間もなかったです。

それは、コロナで規制が増えて外出できなくなった状態では、しょうがない気がします。ネットショップの利用が増えると、大変になってくるのが物流業界です。お届けが遅れたり、お届けの時間が守れられなかったりしました。

混乱したネットショップ業界と物流業界

ネットショップ需要が急激に増えたため、混乱したのはネットショップを取り扱うお店とその商品を運ぶ物流業界でしょう。通常であれば問題なかった商品が、コロナの影響で品薄になりました。

そして、その商品が作られていればいいのですが、コロナの影響を受け工場自体が生産を少なくしているところもありました。海外で製品を作っていた場合は、工場自体が休業していたようです。

また、急に高まったネット需要で一番打撃を受けたのは、物流業界だったと思います。通常の倍以上の品物を届けなければいけない上に、お届け日や時間通りに届かなかった場合苦言になります。

コロナで影響を受けた企業はたくさんあるでしょう…。

結婚指輪はネットで買う時代?!

最近では、オンライン接客なるものが流行しているそうです。例えば、結婚指輪を店員さんとネットを繋いで相談しながら購入するそうです。店で購入する場合、色々なものに目移りするためそういう方はいいのかもしれません。

どのようなサービスが展開されているのか

  • 実際の店員にチャットで相談できるサービス
  • 生でライブ配信して商品について接客するサービス
  • バーチャル店で実際にお店に行った雰囲気を出すサービス

バーチャルのお店はどんな感じ?

※こちらのイベントは終了しているそうです

バーチャルショッピングは、このように実際にバーチャルの世界であたかもお店に来店したような感覚を体感できます。気に入った商品はネットからお買い上げが可能ですし、友達と一緒にアバターを使って来店できるそうです。

自動で品物が届く時代とは?!

皆さんは、以前YouTuberがボタンを押したらコーラが届くと話題だったAmazonのボタンをご存知でしょうか。あのボタンは、押したら押しただけ商品が無限に自宅に届けられるようなボタンでした。

しかし、今後はボタンを押さなくても自宅に埋め込まれたチップで、自動で検知して届けてくれるシステムに変化するそうです。自宅から出なくても勝手に届けてくれるので、買い忘れは無くなりそうです。

しかし、消費の金額を把握するのは大変そうです…。

進んでいる中国のショップ事情

中国では、日本よりネットショップ化が進んでいるようです。今回のコロナウイルスが中国からだったので、確かに頷けるかもしれません。一体中国では、どのような取り組みが行われているのか見てみましょう。

お店と倉庫が一体型になっているお店

こちらは、ベルトコンベアに次々と青い袋がつり上がっています。こちらは、商品を取り扱う倉庫だそうで、倉庫とお店が一体化し他お店です。倉庫にお客様が買いに来ている、そんなイメージなんだそうです。

QRコードを読み込むと鮮度がわかる

こちらは、QRコードを読み込んで魚の鮮度などを知ることができると紹介されています。カニがどの場所で取られて、どのような経路を辿ってここまでやってきたのかをこのQRコードから知ることができるそうです。

これから先の近未来は、どのように変わってしまうのでしょうか…。

ネットショップの今後の課題

コロナの影響もあり、外出ができなくなっているためネットショップの存在はとてもありがたいものとなりつつあります。しかし、それでも課題はあります。今回は、筆者が考えるネットショップの課題について書いてみます。

物流はどうするのか

ネットショップ需要が増えると、当然ながら宅配会社に宅配をお願いする流れになります。しかし、その需要が増えると宅配が追いつきません。今後その課題を、どのように改善するのかが鍵となります。

試着などができない

靴や服もそうですが、お試しができないため自宅に届いてから返品できるのかどうか不安です。開封後の返品ができない場合は、その商品を買い取る形になるので課題でもあると思います。

ネットで操作できない方は困る

現代人はネットに慣れ親しんでいるため問題ないかもしれません、しかし、ネットを知らない世代からすると、戸惑うことばかりでしょう。近くにお孫さんなどがいる家庭なら、まだ救われるかもしれません。

極端に外出する機会が減る

外出しないということは、運動不足に陥ることになります。例えば、運動する時間作っている方であれば問題ないかもしれません。しかし、ショッピングと会社の通勤時だけの外出だった場合、生活を見直す必要がありそうです。

会話をする機会が失われる

外に出ないということは、極端に会話をする機会が失われます。会話をすることによって頭がトレーニングされていることを考えると、極端に会話が失われることは危険なのかしれません。

外の空気を吸うことはとても大切です!

今回の記事のまとめ

ネットが発達したことにより、私たちの生活はより豊かなものへと発展しました。しかし、その危険性もしっかり把握しておくべき時代に突入しつつあります。便利は人を豊かにする一方で、人を破壊しかねません。

しっかり肝に命じておくことが大切です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。