映画・動画|一度は見てみたい美しい湖!しかし様々な理由から危険が存在するかもしれない湖4選!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの動画はうわさの探偵たちの動画を元にしております!

日本には、美しい湖がたくさんありますよね。それと同じように、世界にも美しい湖がたくさんあります。それだけ美しければ、人間の心理として入ってみたいと思うかもしれません。しかし、今回はどんなに美しくても様々な理由から入水できない湖をご紹介いたします。

もくじ

  1. ブルーラグーン
  2. カラチャイ湖
  3. モノ湖
  4. イジェイン火口湖
  5. 番外編:ヒリアー湖
  6. 今回の記事のまとめ

ブルーラグーン

この場所は、石炭の採掘をした後の穴にできた湖なのだそうです。通常、自然が生み出すものが湖と思いがちです。しかし、こちらの湖のように人工的に作られた湖も存在するのだそうです。何故このように美しく見えるかというと、底に溜まった石炭の結晶が空を反射して美しく見えるのだそうです。

しかし、こちらの湖は汚染物質のせいでアルカリ度が高くなっているそうです。そのため、泳ごうものなら体に支障が出ること間違いないです。また、多くの人が入りたがるので黒い染料をこの湖に流して醜くした過去も持つ湖なのだそうです。やはり人間というものは、美しいものに魅了されますね。

なんとも悲しい過去を持った、そんな湖ですね…。

カラチャイ湖

こちらも、見ているだけで息を飲むような美しさを誇るカラチャイ湖という湖だそうです。写真を見ているだけでは、危険とは知らずに湖に飛び込んで遊泳してしまいそうです。しかし、こちらの湖は遊泳禁止になっており、さらには悲しい過去まである湖なのだそうです。

その悲しい過去とは、東西冷戦時代の1950年のロシアがまだソビエト連邦だった頃に遡ります。以前は原子力発電所が近くに存在しており、危険な放射能がそのままこの湖に捨てられていたそうです。さらに、60年もの間この場所に商社製廃棄物が放置されていたとの事です。

この湖の近くにいるだけで、致死率はほぼ100%なのだそうです!

モノ湖

こちらはアメリカ・カリフォルニア州に存在するモノ湖という場所だそうです。こちらはおよそ100年前に作られたようで、北アメリカでは最も古い湖なのだそうです。とても綺麗な湖ですが、実はこちらの湖は有毒な物質により生物が生息できない場所なのだそうです。

こちらの湖は、塩分濃度が海水の3倍もあるのだそうです。この湖の名称の「モノ」ですが、アメリカの先住民はハエのことをモノと呼んでいたそうです。また、モノ湖はアルカリ性のため魚はほとんど生息しておらず、唯一存在する生物はハエのみなのだそうなのです。

この湖、なんとヒ素が検出された湖なのだそうです!

イジェイン火口湖

イジェン複合火山の頂上に位置する場所に存在

インドネシアにあるジャワ島では、このようにターコイズブルーの色をした美しい湖があるのだそうです。また、この湖があるところはイジェン複合火山があるようでツアーが組まれるほど人気スポットなのだそうです。しかし、一歩間違えるとこの場所は危険な場所になります。

それは、火口の隙間から吹き出す600℃もの硫黄ガスが自然発火した煙が放出されています。毒マスクをつけていないと、こちらには近づけないのだそうです。そして、湖でも強酸性のために人体に影響を及ぼす可能性があります。誤って落ちてしまった場合、服も体も分解されます。

行く際には、十分注意が必要ですね!

番外編:ヒリアー湖

別名ピンクレイク

こちらの湖は、見ているだけでも美しい湖だと筆者も思います。またTVで紹介されていることから、インスタ映えなどで人気が急上昇しつつある場所なのだそうです。何故ピンク色なのか解明されていないそうですが、水中に住むバクテリアや藻類がこのピンクに影響してると言われているそうです。

見ているこちらとしては、湖と言えば青を思い浮かべるのでなんとも不思議な光景です。こちらは、オーストラリアの西部に位置するミドル島という場所だそうです。また、一箇所ではなく何箇所か存在する上にフラミンゴが生息する場所も存在するそうなので、行く機会があったら見てみて下さい。

とても美しくて、筆者も行ってみたいです!

今回の記事のまとめ

今回は、美しいけど危険な湖を紹介させていただきました。湖の特性上で危険ならまだしも、人間が環境破壊した末に危険にならざるをえなかった湖も存在しており、なんだか複雑な気持ちになりました。これ以上地球が汚れないように、美しく保てるように筆者も尽力していけたらと思いました。

この美しい地球を守れるように、筆者も考えていきたいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。