映画・動画|世界の小さなお家!思わず二度見してしまいたくなる世界の気になるお家5選!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの動画はマッ怒ラボの動画を元にしております!

日本では、一軒家といえば大きな家を想像しがちです。しかし、世界では小さな家に住んでいる方がいらっしゃいます。今日は、そんな小さな家をご紹介していきたいと思います。筆者としては、移動ができる簡易式のお家に住めるのならとても楽しそうだと思います。キャンピングカーでも、楽しそうですよね。

もくじ

  1. 移動式の小さなお家
  2. 船がモチーフのお家
  3. 丸い小さなお家
  4. 縦長な丸いお家
  5. バスの中のお家
  6. 今回の記事のまとめ

移動式の小さなお家

こちらは、移動ができる小さなお家です。外観が気で出来ているため、なんだか温かみを感じられる外観だと思います。また、内装を見ると木の温もりが感じられてこのまま山でキャンプも出来そうです。移動式のお家の利点として、キャンピングカーみたいに好きな場所へすぐ行けることだと思います。

木は温かみはありますが、気をつけないと虫が湧きそうで少し怖いです。筆者が想像するのは、シロアリなどです。海外にシロアリが存在するかどうかは分かりませんが、以前勤めていた職場に大量のシロアリが発生した時は死にそうでした。そのため、シロアリの大量発生は今でもトラウマ急なのです。

潰しても、すぐ湧いて出てくる感じでした…。

船がモチーフのお家

こちらは、船をモチーフにしたお家です。こういうデザインのホテルなどがあるのでしたら、是非とも泊まってみたいです。内装も船の舵をモチーフにしたベッドがあったりと、とても凝ったデザインであることが分かります。水の上に建てられているので、揺れるのが無理な人にはちょっと厳しいかもしれませんね。

もう一つ良い点としては、すぐに水泳ができるところだと思います。実際、この家に住んでいる女性は水着姿で湖に飛び込んでいました。綺麗な湖であれば、泳ぎたいと筆者も思います。ただ、日本の湖などは遊泳禁止なところが多いイメージなので、こうした環境に憧れるのであれば海外に住むべきかもしれません。

丸い小さなお家

こちらは、丸いお家です。なんだか隠れ家みたいで、幼い頃に作った秘密基地を思い浮かべました。また、写真を見ていただくとロフトみたいになっていてなんだかいいですよね。筆者はロフトが好きなので、いつかこんな小さなお家に住むのも良いのかもしれません。

しかし、部屋が小さい分荷物は少量しか置けないかもしれません。ミニマリストなら良いのかもしれませんが、筆者は物を増やしたがる傾向にあります。そのため小さいお家はとても可愛いですが、お部屋のストレージがパンクして物が溢れそうな気がしてしまいます。

物が溢れると部屋が汚く見えるので、本当は嫌いです…。

縦長な丸いお家

こちらのお家は、木の部分に光沢がありますよね。先ほど上で紹介したお家は、木の本来の味わいをいかしたようなお家でした。しかし、こちらのお家は現代風のモダンな感じに仕上がっています。木の部分に光沢があり、雨水なども弾いてくれそうな気がします。この家なら、筆者も住んでみたいです。

下にタイヤがついているので、もしかしたら移動もできるのかもしれません。ある時には山の中のキャンプのおともに、ある時には海の浜辺でキャンプのおともになど用途別に使用できそうでとても良いですよね。筆者がやりたいことは、このお家で海水浴場に行ってみんなでバーベキューをしたいです。

きっと楽しめること、間違いなしだと思います!

バスの中のお家

こちらは、バスの中にあるお家です。黄色いバスがとても映えて、お家を覗いてみると大きなワンちゃんが見えます。このバスの中はとても広そうなので、もしかしたら住み心地がいいかもしれません。一人用ならまだ良さそうですが、家族で住むにはちょっと狭いかもしれませんね。

私たちは通常、家と考えた時に地上にしっかりくっついている物を想像しがちです。しかし、工夫を凝らせばこうした移動式のお家や面白いデザインのお家も建てられることを小さなお家は教えてくれます。日本ではあまり見かけませんが、こうしたお家に住むのもまた楽しそうです。

今回の記事のまとめ

皆さんは、お気に入りにお家ありましたでしょうか。筆者は、縦長な丸いお家に一番住みたいと思いました。理由は、一番現代風であり円形の感じも筆者的には面白いからです。ただし、小さなお家に住むからにはある程度物を減らしておく必要がありそうです。部屋をある程度、有効活用しなければなりませんよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

1件のコメント

  • いいな〜!
    こんな生活してみたい。
    憧れるな〜!

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。