映画・動画|異物混入について!筆者も実際に体験した食品の中に異物が混入していた場合について考えてみた!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事は『食の雑学』をゆっくり解説の動画を元にしております!

筆者は昔、とある居酒屋のランチで小鉢のもずくを食べようとしていました。箸でもずくをつかもうとした時に、下から大きな虫が出てきました。気持ち悪すぎて、今まで食べていたものをリバースしそうになりました。

もくじ

  1. 冷凍食品から農薬が検出された
  2. ペヤング焼きそばからG出現
  3. 菓子パンに針を意図的に混入
  4. フライドポテトに歯が混入
  5. ガムボトルにハエ混入
  6. 筆者の体験談
  7. 帰宅時に改めて謝罪があるも…
  8. また別のお店では
  9. 今回の記事のまとめ

冷凍食品から農薬が検出された

こちらは、群馬の工場で農薬入りの冷凍食品が製造された事件です。群馬の工場に勤めていた従業員に聞き込みを行ったところ、なんと49歳の契約社員の男性が冷凍食品に農薬を混入したことが判明したそうです。

動機としては、8年も勤めているのに優遇されていないことに腹を立てての犯行だそうです。この男性は逮捕され、懲役3年6ヶ月の実刑が言い渡されました。また、賠償金として1億円払うように言い渡されます。

筆者のお給料では、決して賠償できない金額です…。

ペヤング焼きそばからG出現

筆者は部屋にGが出ただけで、大騒ぎしてしまいます。そんなGが、なんとペヤング焼きそばに混入していたんだそうです。Gを発見したのは大学生で、手始めに保健所に連絡したんだそうです。

その後ペヤングの会社に連絡すると、SNSにアップした写真を削除するように言われたんだそうです。その後大学生は、捏造ではないかと叩かれたそうです。ペヤングファン、多そうですからね。

筆者なら、開けてGが出てきたら発狂してそうですが…。

菓子パンに針を意図的に混入

こちらは、筆者も覚えています。千葉県内のコンビニやスーパーで扱っている菓子パンに縫い針が混入された事件です。幸い怪我をした人はいなかったそうですが、事件沙汰になり一斉操作が始まります。

混入されていたコンビニの防犯カメラを確認したところ、28歳無職の男性が針を混入させていたことが判明しました。男性は仕事を失い、野宿生活もしており、ストレスが溜まっての犯行だったそうです。

怪我人が出なかったことは、不幸中の幸いです…。

フライドポテトに歯が混入

こちらの事件も、記憶に新しいです。ビックマックセットを購入したお客様がポテトに歯が混入されているのに気が付いたそうです。ポテトを食べていたらガリッとしたものがあり、確認したら歯だったそうです。

そのことを店舗に伝えたところ、マックの無料券を渡されたのみで料金の返金もされなかったんだそうです。これはちょっとひどいですね。筆者はこの事件後に、しばらくマックに行かなかった記憶があります。

マックはそのほかにも、異物が混入されたことがあります…。

ガムボトルにハエ混入

この形のガムボトルは、見たことあるでしょうか。こちらのガムボトルに、黒い物体が入ってたんだそうです。購入した男性は当初、何かしらのゴミが入っていると思ったそうです。

しかし、ガムボトルを振ったら実はゴミではなくハエが出てきたんだそうです。ハエといえば、あまり綺麗なイメージはないですよね。筆者も、もしハエが出てきたら処分しますね。

どこから飛んできたのか、非常に気になります…。

筆者の体験談

これは筆者の体験談で、最初の話に戻ります。とある串カツ屋さんに行った際に、ランチのもずくにカメムシっぽい虫が混入していました。気持ちが悪すぎて、食べたものをリバースしたい気分でした。

友達と来店していたのですが、筆者が騒いでいるのを見て店員さんがやってきました。虫が入っていることを伝えると、店員さんが謝罪してくれました。しかし、ここで筆者はとある違和感を覚えました。

なぜか謝罪は、アルバイトの子がおこなっていました…。

帰宅時に改めて謝罪があるも…

その後、お店を出ようとしたら今日のお代は結構と言われました。この時に、やっと店長さんらしき人が現れました。しかし、筆者の心の中ではなぜ最初にきてくれなかったのか不審感でいっぱいでした。

最後お店を出る時、またきてくださいと言われましたがもう二度と行かないと誓いました。このように、ちょっとしたトラブルが、お店の信用問題にまで発展するということを理解しておくべきでしょう。

筆者は誓い通り、そのお店にはその後行っておりません…。

また別のお店では

別のお店では、運ばれてきた料理に髪の毛が入っていました。当時筆者はショートカットだったので、長髪の髪は明らかに筆者の髪の毛ではありません。そのことを伝えるとすぐに謝罪してくれました。

また、当たり前と言われるかもしれませんがすぐに作り直して持ってきてくれました。このお店は、紳士的だといえます。最初のお店の対応では、その小鉢を下げてそのままだったことも挙げられます。

筆者は今でも、このお店が大好きです!

今回の記事のまとめ

食べ物は口に入れるものなので、できれば安全なものであるべきです。しかし、それでも人為的なものを除いて混入してしまうことがあります。入ってしまったものはしょうがないと、それは筆者もなんとなくわかります。

しかし、そうなったらそれを挽回するだけの何かが無いといけないと、筆者は思います。逆の立場に立ったとして、謝罪されただけで果たして納得できるでしょうか。企業はその後の対応ですら、見られているわけですね。

筆者は少なくとも、気分が悪かったです…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

6件のコメント

  • 僕はラーメン屋で味噌ラーメンを注文したら、炒めたモヤシの間から小さなチャバネGを見つけましたよ(笑) お店の人に見せたらえらく謝罪されました。
    作り直しますと言われたけど、チャバネGをお箸で取り出し、そのラーメンを食べました(笑) 加熱されてるから大丈夫
    店を出るときに再度謝罪され、お代は結構ですと言われましたが、僕は昆虫の研究者です、何かのご縁があったのでしょう、と言って笑いながらお代を払いました(爆)
    今日のまとめ
    中華料理店などの食材豊富な食堂にいるのは小さくて薄茶色の「チャバネG」で、家庭にいるのは黒光りのするでかい「クロG」です。もし「チャバネG」が家庭にいたらすごく豊かな食生活をしている証拠です。

    チェンマイのファーブルより
    はい、削除してください

    • tropideres様

      おそらく、日本は恵まれすぎている気がします><
      私の場合、今まで虫を食したことがないためこのような感覚になるのでしょうね…。
      もし日本でも昆虫食が進めば、もしかしたらこのような気持ちにはならないのでしょうか><

      このコメントのまとめ
      私の心の狭さがひしひしと伝わってしまっておりますね(笑)
      お客様は神様だと考えたことはないですが、そのようなまとめになってしまっているかしれません><

      tropideres様のコメント、よければこのまま残しておきたいです><

  • カメムシですか・・・シャレになってませんねただ食品にわざと農薬を混入した件に関しては許されませんね明らかに故意犯ですし。ただ髪の毛とかは仕方ないかな・・・と個人的には思いますどうしようもない事もありますし。

    カメムシ飲み込まなくてよかったですよ、すぐ歯磨きしないとあの匂いはしばらく取れませんから。

    • muluisroom様

      本当にすぐ気がついたので良かったです><
      日本人はまだ、虫を食べるのが習慣化されていないので抵抗があります。
      しかし、いつかは虫を食べるのが当たり前になる時代がくるのでしょうか…。

      流石にカメちゃんは食べたくないですね…><

      • ドキュメント番組ワイルドvsマンと言う番組で軍隊上がりの人が芋虫やら人間の尿を飲んでいるのを見た事を思い出しました、

        特に芋虫なんかはタンパク質が豊富らしくてかじった時でた白い体液見たいのがグロっぽいのを覚えてます。多分Youtube探せばあると思います。

        • muluisroom様

          確かに食べ物がなくなったら、そのような生活を送るべき時が来そうですよね><
          地球環境、考えるべき時が来てますよね。

          白い液体…。
          ちょっと想像してしまいました><
          YouTubeでちょっくら探してきます(笑)

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。