映画・動画|警察署が廃墟に訪問?!噂の廃ホテルを鑑識して侵入しないように注意を呼びかける!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事はANNの動画を元にしております!

今回はネットニュースで面白い取り組みが紹介されていたので、こちらの動画を紹介させていただきます。なんと警察が、廃ホテルに潜入して噂の真相を確かめるというのです。何故そのような経緯に至ったのか、今回はその動画について記事にしてみたいと思います。

もくじ

  1. 廃ホテルに侵入する人々
  2. 何故廃墟は人々を魅了するのか
  3. 無断で廃墟に侵入した場合
  4. 警察署がYouTubeチャンネル開設
  5. 今回の記事のまとめ

廃ホテルに侵入する人々

皆さんは、心霊体験を求めて廃墟に行ったことはあるでしょうか。正直筆者は、心霊ものが好きなのでそうした系の動画が大好きです。怖いもの見たさなところも正直あるでしょう。しかし、怖いもの見たさに廃墟に侵入して暴れている人々も後を経たないそうです。

また、直近では廃墟から火が出て現状出火原因を調べている現状もあるそうです。そうした事態をなんとか改善させようと、廃ホテルに警察が潜入して調査をしていく動画なのだそうです。そんな筆者も、そうした動画をよくYouTubeなどで観ている節がありますね。

筆者は、ちょっと怖い感じが好きです!

何故廃墟は人々を魅了するのか

廃墟と聞いて、どのようなイメージを持たれているでしょうか。筆者は、暗くて怖いイメージの他にレトロなイメージを持っています。特に、古い感じの家には懐かしのものなどが転がっていることがあります。そうした懐かしいものを求めて行かれる方は、夜ではなく昼に動画を撮っているイメージです。

また、そうした動画やTVで放映されている現状から無断で侵入される方も正直いると思います。もしかしたら、そうした動画は許可を得て撮影しているかもしれません。しかし、視聴者からしたらそうした事情はわかりにくいです。そのため、入ってはいけないと知らない方もいらっしゃるかもしれません。

無断で廃墟に侵入した場合

筆者が以前撮った廃墟の写真

もし廃墟に無断で侵入した場合、やはり住居侵入罪に問われるのだそうです。確かに、他人が無断で住んでいる家に突入してきたとしたら警察に問い合わせると思います。それと同様に、誰もいないから侵入していいものかと言われたらそうでは無いようです。

無断で侵入した場合懲役3年以下、または罰金10万円以下となる可能性がある

動画概要欄より参照

もっと詳しく知られたい方はこちらから!

警察署がYouTubeチャンネル開設

動画はこちらから!

そこで警察署は、一般向けに動画を撮影してUPしていく予定なのだそうです。狙いは、そうした廃墟に入らないようにしてもらうためだそうです。しかし、筆者としてはこうしたことをしても侵入はなくならないと思います。何故なら、逆に面白半分で入る人が増加しそうな気がするからです。

何故筆者はこのように感じるのか

  • 警察さえネタにし始めると検証するためにまた訪れそう
  • 廃墟の存在を知らなかった人にまで知られることになる
  • そもそも廃墟自体を解体しないと厳しいと筆者は思う
  • 廃墟を一斉に誰かが買い取って有料で見物できるようにしてしまう
  • その他諸々…

筆者の考えとしては、廃墟が存在する限りそうした見物人はいなくならないと思います。それ目当てで来客しているのですから、ある限りは行きますよね。ただし、これはあくまで筆者の考えですので違う論点がある方もいらっしゃる気がします。

今回の記事のまとめ

こうした古めかしい建物は、時に人を魅了します。また、年代を感じられる建物はその時住んでいたであろう住人のことを彷彿とさせることもきっとあるでしょう。しかし、忘れないでいただきたいのは無断で入る場合は他人の家に土足で侵入していることなんら変わらないということです。

自宅に無言で押入られたら、きっと恐怖ですよね…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。