駄菓子|まるでミスドのドーナツみたい?!こだわって作られているオークヒルズのキングドーナツについて記事にしてみた!

Pocket

今回は、オークヒルズのキングドーナツを食べたのでレビューしてみたいと思います。前回駄菓子屋に行った時に一目惚れして、購入したのがこのドーナツです。実際に食べてみると、とても美味しくとても駄菓子のクオリティーとは思えない美味しさでした。駄菓子屋さんの主人にお願いして、出してもらったほどです。

もくじ

  1. 通常のドーナツに負けず劣らず!
  2. 実際に食べてみた
  3. 成分表などを確認してみた
  4. 今回の記事のまとめ

通常のドーナツに負けず劣らず!

こちらのドーナツは、そのままでも冷やしてもとても美味しくいただけます。1つはそのまま、1つは冷蔵庫に入れて食べてみましたが、筆者的にはそのままが好きでした。少し前に駄菓子屋に寄った際にこちらを見つけて3日後に来店したら置いていなかったのでその日は諦めて帰路についたのでした。

しかし、どうしても食べたかったのでお店の主人に置いてあるかどうか聞いてみました。すると、なんとお店の奥からこのドーナツを出してくれました。お店の店主曰く、こちらのドーナツはクオリティーが高く作られているようです。小腹が空いてドーナツが食べたい時は、こちらがオススメです。

通常のドーナツは、どうしても量が多いんですよね…。

実際に食べてみた

冷蔵庫に入れずに食べてみると、生地がふんわりしていてザ・ドーナツといった感じです。そのため、冷蔵庫に入れていなくても美味しくいただけます。また、砂糖の感じがちょうど良く駄菓子と言われてもなんだか少し違和感を感じるかもしれません。筆者的にはやはり、そのまま食べるのが美味しかったです。

冷蔵庫に入れた場合、外側が少し硬くなるため硬い食感が楽しめます。生地が冷蔵庫に入れることによって少し硬くなるので、フワフワ+硬い食感が楽しめて1つで2度美味しいという状況が作れます。こちらのドーナツはおいしい分、日持ちしないと聞いたので、長期保存の場合は冷蔵庫必須だと筆者は思います。

何度も言いますが、やはり筆者は常温が好きです!

成分表などを確認してみた

キングドーナツ(駄菓子屋にて購入)

小麦粉、(国内製造、砂糖、ショートニング(大豆を含む)、鶏卵、植物油脂、ブドウ糖、脱脂粉乳、食塩、乾燥卵黄、でん粉/ベーキングパウダー、乳化剤

栄養成分表示(1個あたり)

エネルギー159Kcal/たんぱく質1.5g/脂質8.7g/炭水化物18.7g/食塩相当量0.3g

アレルギー:小麦/卵/乳成分/大豆

これらをもとに、キングドーナツが作られています!

今回の記事のまとめ

今回は、こちらの商品を食べてみました。こちら商品はこだわって作られていると前述しましたが、こうした商品こそコストなどの問題で食べられなくなる可能性があります。筆者は一口食べた時から大ファンになったので、これからも頑張って作り続けてくれたら筆者もたくさん購入したいです。

今後、駄菓子屋に行ったら必ず買う物の一つになりそうです!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸中製菓キングドーナツ 16個いり
価格:540円(税込、送料別) (2021/1/28時点)


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。