コールセンター|在宅ワークの面接はどのようなことを質問されるのか

前回からお話していた通り、私は在宅の面接をしておりました。そして、その在宅の仕事を見事勝ち取ったのでとても嬉しかったです。今回は、どのように面接がなされたのか記事にしたいと思います。ブログを書かれる方なら在宅ワークを狙っている方もいらっしゃるかもしれませんので是非参考にしてみてください。

もくじ

  1. いかにして仕事を探したのか
  2. 仕事が決まるまでの流れ
  3. どんな仕事の募集があるのか
  4. チャンスは掴み取ろう
  5. 今回の記事のまとめ

いかにして仕事を探したのか

今までも在宅は探しておりました。しかし、なかなか簡単に見つかるものでは無く、半ば諦めていました。私が在宅の仕事を探し始めたのは、今年の5月からになります。しかし、5月時点でも在宅の仕事は無く、それでも仕事をやめたら絶対に在宅に移ると決めていました。

そして、6月の終わり頃に仕事を辞めると決めてから、すぐに在宅の仕事を探し始めました。今スマホで探すと、結構在宅の仕事は増えているようです。もし、在宅を探すのであれば、今がチャンスかと思います。スマホで、じゃんじゃん情報を探してみることをオススメします。

仕事が決まるまでの流れ

仕事が決まるまでに、準備がとても大変でした。そして何より、仕事をしながらその準備も同時平行で行なっていたので、掛け持ちをしているような気分でした。その覚悟があるのなら、片手間で探してみるのもありかもしれませんね。

手順1:Webで履歴書と職務経歴書を作成

私の場合は、Webで履歴書を作成しました。作成方法としては、Webから履歴書と職務経歴書を探して作成しました。Macで作成したので、Numbersで作成してPDFで相手方に送りました。

手順2:第一次面接の流れ

一次面接は、Zoomの会議で面接が行われました。ネットでの会議だったのでネットの通信など不安がありましたが、問題無く面接が行われたので安心しました。ここでは、職務経歴などについて話がありました。

手順3:第二次面接の流れ

二次面接では、別の担当の方が業務内容などについての話がありました。こちらも問題無く面接が行われて、少し緊張しましたが面談自体は30分程度で終えることができました。それから1時間程度で、合格通知がきました。

今回お世話になったツールたち

  • 履歴書と職務経歴書のテンプレ集(参考資料はこちらから抜粋)
  • Numbers(履歴書と職務経歴書作成時に使用)
  • Line(相手先とのやりとり時に使用)
  • Zoom(面接時に使用)

どんな仕事の募集があるのか

ネットで検索していると、様々な職種の在宅が載っていました。その中でもいくつか紹介できたらと思いますので、もし検討されている方いましたら参考にしてみてくださいね。

どんな在宅ワークがあるのか

  • ネットビジネス系の在宅ワーク(初期費用が要ると言われます)
  • ブログ作成のお仕事(クラウドワークスなど)
  • Vチューバーやライバーのお仕事(声の仕事)
  • 女性限定のメールのお仕事
  • 女性限定のチャットのお仕事
  • 在宅のコールセンター(今回はこちらに受かりました)

チャンスは掴み取ろう

コールセンターのお仕事は難しいと思われがちですが、そんなことはなく居酒屋の仕事や接客をしている方ならチャンスがあります。面と向かって話さなくていいので少し楽かもしれません。

しかし、逆にストレス耐性がない方は難しいかもしれません。なぜなら、コールセンターのお客様は面と向かって話さない分クレームは言いたい放題言われます。そこが少しばかり大変です。

しかしながら、クレーム耐性はついてきます。

今回の記事のまとめ

少し前まで、仕事を途中で投げ出す自分に嫌気がさしていました。しかし、こうしてブログに吐き出して前に進めました。また、たくさんコメントをいただいたことにより自分に自信が持てたことも大きかったです。次の仕事でも頑張っていこうと決めました。いつもご覧くださる皆さま、本当に感謝しております。

次の目標はブログだけで収入越えです!

Yume Aoi

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。