Appleネタ|AirDropを使ってメモをMacへ移動させる方法

仕事をしている間に記事の内容を思いついた場合、休憩中などを利用してご飯を食べながら記事の構想を練っております。今までは、帰宅して記事を書いていたのですがそれでは忘れてしまうため、iPhoneのメモ機能を使って記事を書いてAirDropで記事を送るようにしております。今日はいかにしてiPhoneで記事を書いてMacにメモを送っているのか記事にしてみたいと思います。

もくじ

  1. 今までの記事作成スタイル
  2. iPhoneで書いたメモを公開
  3. iPhoneのメモ機能で出来ること
  4. AirDropを使ってメモを移動させる
  5. 今回の記事のまとめ

今までの記事作成スタイル

仕事中にふと何か思いついた時、iPhoneのメモにそのタイトルだけ書いて帰宅してMacで記事作成をしておりました。理由としては、記事を作成する上でiPhoneの画面だと小さくみにくいためです。しかし、写真は最後に入れて記事の内容だけをiPhoneのメモに書き込めばいいのではないかと、現状のスタイルに変化していきました。

今回使用するもの一覧

  • iPhone
  • Mac
  • AirDrop(メモと写真を送るために使っています)

私のiPhoneはiPhone 5sのため、画面が小さいのは言うまでもありません。しかし、今のiPhoneは画面も大きくなっているためそれほどみにくくないかもしれません。そして、今のOSだとサクサク動くので良いと思います。

iPhoneで書いたメモを公開

こちらは、少し前に作成した記事のメモをスクリーンショットで撮影したものです。iPhoneで記事の内容を書いて、写真を挿入するのはiPhoneではなくMacでおこなっています。そして、AirDropという機能を使えば、Macに写真とメモを送ることができるのでApple製品を主にお使いの方はこの機能が便利だと思います。

iPhoneのメモ機能で出来ること

メモを開いて右下のペンと紙のマークをクリックすると、新しい新規ページが開かれます。そして、プラスマークを押すと右側の写真のように色々な項目が出てきます。この項目を使えば、ブログと同じような機能を使用する事ができます。

私が使う機能は、だいたいこの上の3つの機能になります。しかし、写真もMacで挿入するので大体真ん中の機能を主に使っています。ブログを書く上では、おそらく真ん中の機能を主に使うことになると思います。

メモにはどんな機能があるのか

  • 表を作成できる

表を作成する事が出来るので、簡単な表を作るのであればメモ機能で十分かもしれません。しかし、どうしても画面が小さいのでおそらくiPhoneの画面より大きいiPadで操作するのがいいと感じました。

  • ブログ機能が使える

タイトルや本文を作成できたり、下線を引いたりできます。この機能はブログだけのものだと思っていたのですが、実はメモ機能でも使えるようになっていました。この機能で、ブログのようにできます。

  • 写真やファイルの添付機能

私の場合、写真はMacで添付するのでこの機能は使うことは滅多にありません。しかし、探した写真をすぐに添付したい場合にたまに使用する事があります。しかし滅多に使いませんが。

その他機能を知りたい方はこちらから!

AirDropを使ってメモを移動させる

メモや写真を移動させるのに便利なものとして、AirDropという機能です。私が使っている製品はMacとiPhoneになりますので、移動させる事ができます。もし、Apple製品同士ならではの仕様なのかもしれません。

AirDropを使って、Macに写真やメモを移動させる事ができます。四角い箱の上マークを押して私のMacを押すと、Macのメモに写真が移動されます。こちらの機能を使用するには、Wi-F機能とBluetooth機能をOnにする必要があります。

Macの画面に右側にこのような画面が現れたら、ダウンロードに保存をクリックします。今回のスクリーンショットは写真を移動させたのでダウンロードに保存と記載されております。

FinderからAirDropを移行させると、この画面になります。画面右に出出てくる場所からダウンロードすると楽になります。Finderの画面からの操作がいい人もいるかもしれません。

AirDropの資料を確認されたい方はこちらから!

今回の記事のまとめ

記事を書く上で、Macの前でないと書けないと思っていました。しかし、Macの前でだけ書こうと思ったら時間に制約があります。しかし、iPhoneで記事を書くとしたら、ちょっとした空き時間も利用する事ができます。

時間を有益に使いましょう!

Yume Aoi

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。