Amazon|Amazonプライムで今なら観られる!ネットで噂のヤバいニュース超真相の動画の中のロープアートについて記事にさせていただきました!

Pocket

公式ホームページはこちらから!

皆さんは、TOKANAという雑誌を知っているでしょうか。ある人からしたら、とても嫌がられるかもしれません。なぜならこの雑誌は、オカルト的なものを扱っているのでそうした話題が好きな人からウケる内容です。今回はそのTOKANAの動画のロープアートが素敵だったので、記事にさせていただきます。

もくじ

  1. ロープと言ったら何を思い浮かべるか…
  2. 体を張ったロープアート
  3. 結び方だけでもこんなに見え方が違う!
  4. 女性から見た緊縛の世界に関する感想
  5. 今回の記事のまとめ

ロープと言ったら何を思い浮かべるか…

日常生活の中で、ロープを使って何かすることは特にないと思います。また、ロープと言ったら、筆者はマイナスなイメージで捉えがちです。しかし、日本が誇るロープアートが近年、どうやらアートとして世界中から支持されているというのです。今回はそんな、ロープアートの世界について、記事にさせていただきます。

間違えないでいただきたいこととして、今回の記事はアートの世界を見ていくというスタンスになります。女性目線からこうしたアートを見て、どのように感じるのかという部分を記事にできたらと思いますので、そうしたスタンスでこの記事を読んでいただけたらとても嬉しいです。それでは、書いていきたいと思います。

体を張ったロープアート

HAJIME KINOKOさん(ロープアーティスト)の作品

筆者は実際、こちらのアートをモザイク無しで見させていただきました。白い服に赤いロープが巻きついていて、とても素敵なデザインになっていました。赤といったら、体の部分の血液の部分だと思います。それを連想させるような出来栄えで、筆者的にはこのデザインに魅入ってしまいました。

また、何本も繋がれている赤いロープから、筆者は命の繋がりを連想しました。私たちが生きていく中で、お父さんやお母さんだけではなく、たくさんのご先祖様がいることを私たちは生きていく中でふと忘れてしまいます。しかし、この作品をみる中で、そうした繋がりを思い出した気がします。

結び方だけでもこんなに見え方が違う!

こちらは、水引の結び方を利用した結び方なのだそうです。水引と言えば、なんだかとても縁起がいい結び方だと筆者は勝手に思っています。見栄えもとても美しくて、筆者はその結び方がとても好きです。そして、それが体に結ばれることによって、また見え方が違っている気がします。

結び方や、ロープの太さの違いで同じ結び方でも見え方が違うのかもしれません。その人に合わせて、太いロープを使うのか、細いロープを使うのか変えたら見方がまた違ってくるのかもしれません。こうした芸術とは、答えや正解がないところがまた、面白いところなのかもしれません。

女性から見た緊縛の世界に関する感想

筆者は初め動画を観て、自分なら絶対やらないと考えていました。なぜなら、とても恥ずかしいですし、自身の体が晒されるのもとても嫌だと感じたからです。しかし、TOKANA編集長の角さんは、やりたいととても好奇心旺盛である姿にとても勇気をもらえた気がしました。

もしチャンスが巡ってきた、人生で一度はやってみてもいいのかもしれません。なぜなら、私たちは人生を、一度きりしか経験できないからです。つまり、筆者の人生も一度きりなら法を犯さない程度にやりたいことをやってもいいのかなと、勝手にそんなことを思いました。

今回の記事のまとめ

今回はこちらの動画の中から、とても素敵だと思ったネットニュースについて記事にさせていただきました。普段こうした世界の裏側を見ることがないので、筆者としてはとても興味深かったです。このイラストだけを見ると、不気味だと感じられるかもしれませんが、是非とも観て損はないと思います。

※こちらの作品は、大人向けの内容が多数取り扱われています

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。