Aoiの独り言|生きているってなんだっけ?最近筆者は仕事に生きているような気がしたので今の考えを記事にしてみた!

Pocket

今回は、筆者が最近考えていることをまとめるために、記事にさせていただきます。今まで筆者は、仕事イコールお金と考えていました。確かにそれは、正しい考え方ではあると思います。しかし、そのせいで仕事に身が入らなかったり仕事ができなくなってしまった時のことを考えるようになってしまいました。

もくじ

  1. 急に仕事がなくなったら?
  2. 急に働けなくなったら?
  3. 何のために仕事してるんだっけ…
  4. 心に余裕を持つために…
  5. 生き辛い世の中をくぐり抜けたい…
  6. 今回の記事のまとめ

急に仕事がなくなったら?

筆者は社会人になってから今まで、3ヶ月+2週間の時間のみ仕事をしなかった期間があります。3ヶ月間は家にいてぬくぬくしていたので、すぐ仕事をしなくても問題無かったです。しかし、一人暮らしを始めてからはどうしても次の仕事を始めないとと焦って、とりあえずすぐに仕事ができるものを探していました。

現状は仕事があるのでいいですが、コロナもあり仕事が減る可能性だって十分ありえます。そのため、急に仕事がなくなってもゆっくりできる時間が必要だと筆者は考えています。今まで、ひたすらがむしゃらに頑張ってきましたが、それだけではとてもまずい状態であることは薄々感づいている状態ではあります。

仕事を失った場合の恐怖は、測りしれません…。

急に働けなくなったら?

今は体が動くので、仕事をしても元気な状態です。しかし、急に体が動かなくなってしまったらどうしたらいいのか、そうした恐怖があります。本業一本だけだと、やはり不安な部分が強いです。もちろん、すぐさま仕事を辞めてしまうとかそういったことを言いたいわけではありません。

しかし、仕事ができないとなれば、生きていく上で死活問題です。急に体が動かなくなったら、精神的に仕事ができなくなったらと考えたらそこはまた恐怖ポイントです。元気なうちにもっと働きたいですが、その状況がいつまで続くのかなど全然見当もつかないのが今の人生なんですね。

何のために仕事してるんだっけ…

以前は、夢や希望に満ち溢れていました。なぜなら、やりたいことがたくさんあったからです。しかし、大人になるにつれて夢や希望などもだんだん薄れていき、仕事が人生に組み込まれてからはいつのまにか仕事をこなすことが人生みたいになってしまいました。

もし、仕事がやりたいことであればここまでの気持ちにならなかったのかもしれません。しかし、小さな頃から思っていたなりたい自分になれなかった今、諦めの気持ちが強いのかもしれません。仕事イコール人生にしてしまったのは、本当は自分かもしれません。

心に余裕を持つために…

筆者は今、とある勉強を始めたところです。それは、以前こちらのブログでも報告させていただいた内容です。そちらを勉強していく中で、お金が全てではないけれど、お金で8割のことは解決ができるという言葉がありました。筆者としては、目から鱗に感じられるようなセリフでした。

お金がなくても生きていける世の中なら、どれだけ良かったのかと思います。しかし日本に生まれた以上、この問題は常に付き纏います。筆者はいつか、副業をメインにして仕事をサブに働いていきたいという夢があります。その目標を、今年までに叶えたいと日々努力している所です。

それでも、まだまだ足りない部分はたくさんあります…。

生き辛い世の中をくぐり抜けたい…

筆者は今まで、仕事にばかり目を向けてきました。また、異常なまでに完璧主義者で失敗がとても怖いという側面がありました。なぜここまでになったかというと、それは今までの生き方の価値観にあると思います。失敗した時によく、親に怒鳴られていました。それがトラウマとなって、染み付いています。

失敗したらどうしよう、笑われたらどうしようと思うと何も手につかなくなってしまっていたのです。理解していたし、わかっていたつもりでいました。しかし、その殻を破るようなことは何一つしてこなかった気がします。問題点は、理解だけして何も変わろう・変えようとしなかった自分自身にあるのです。

最近、このことに気づいてしまった気がします…。

今回の記事のまとめ

今回の記事は、少々まとまりのないものになってしまいました。しかし、こうして記事を書くことで、しっかり頭の中で整理できたように感じます。生き辛い世の中ですが、それを打開する方法もまた、自分自身の中に眠っているのかもしれません。筆者はそれを、探し出したいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。