コールセンター|考え過ぎはストレスのもと!しかし考え方次第では考え過ぎをプラスにできるかもしれない!

Pocket

人間生きていれば、考えることがたくさんあります。筆者も、どちらかと言うと考え過ぎてしまう人なので、人生に疲れ切ってしまっているところがあるかもしれません。今日も、仕事で考えさせられることが起きました。

もくじ

  1. 在宅ではチャットが命
  2. 通知がうるさいと言われた…
  3. 責任者に確認してみた
  4. 考え過ぎはハゲのもと
  5. たまには考えない事も大事
  6. 考え過ぎないために
  7. 苦言ではなくアイデアを
  8. 今回の記事のまとめ

在宅ではチャットが命

何か質問事項が発生した際に必要なツールとして、チャット機能があります。そのため、何か質問があった時にはすぐに対応してもらえるように、通知音がなるように設定されています。

筆者は、以前も同じような業種だったので、詳しくわかる部分は出来るだけ共有できるようにと思っていました。今日もチャットを使って、色々な情報を共有できるように務めていました。

筆者は、誰かのためにと思っていました…。

通知がうるさいと言われた…

仕事をする上で不明点があったので、何人かでやり取りしていました。何人かでやり取りしていたので、筆者は気にしませんでしたが耳障りなほど通知音が鳴っていてうるさいと思われていたようです。

そして、それに気がつかずにやり取りしていると、うるさいと言わんばかりのチャットが飛んできました。その方に謝罪しましたが、そのことに対して無言のままでなんだか少し傷ついてしまいました。

良かれと思っていたことが、嫌な思いをさせてしまったようです…。

責任者に確認してみた

責任者の方に、そのような使い方をしてはいけないものなのか確認しました。しかし、その方は情報を共有すること自体はいいと伝えられました。ただし、筆者としては誰かに嫌な思いをさせている事が気がかりです。

そこで、今日は筆者の悪い癖が顔を出しました。このように、自分に批判がきた時に考え過ぎてしまうことが、筆者の悪いところなのです。今日は考えすぎた末に、仕事に全然身が入らない状態になってしまいました。

筆者は、一人で勝手に暗くなってしまいました…。

考え過ぎはハゲのもと

と言うのは冗談ですが、考えすぎるとだんだん心が疲弊してしまいます。筆者の場合、考え過ぎるとだんだんご飯が食べられなくなるので、すぐに体調不良であることがわかります。

また、普段周知の通り日本話盛りばりのご飯を食べているので、周りが見ても不安になるのだそうです。しかし、考え過ぎたことで幸せを得たことは一度もなかったと思っています。

考え過ぎは、良いこと0だと思います…。

たまには考えない事も大事

最近の筆者は、あまり考え過ぎないことを目標にしています。何故なら、筆者の場合考えすぎると、その次に進むのに時間が掛かるからです。次に進むのに時間が掛かると、次に行動を起こすのが遅くなります。

そして、行動に時間が掛かるとチャンスを逃してしまいます。チャンスを逃すと、次のチャンスが到来するまでに時間が掛かるので時間がとても勿体無いことになります。チャンスがきたら、つかみたいです。

筆者は考え過ぎない人生を、これから歩みます!

考え過ぎないために

最近では考え過ぎないように、別のことを考えるようにしています。また、ブログの主題だと思ったら気が楽になりました。いつもブログの主題をさがしているので、そうした出来事はありがたいです。

確かに、考えること自体は大切です。何故なら、考えることによって新たなアイデアが生まれます。そのため、筆者が次に考えなければならないことは、どうしたらみんなの望む形にできるかなのです。

アイデアを出し合うことは、とても大事です!

苦言ではなくアイデアを

人間は何か不快に感じた時に、最初に言葉として発せられものは苦言だと思います。しかし、この苦言を苦言ではなく、アイデアで返せたとしたらかっこいいと筆者は思います。

例えば、今回の通知がうるさいという件であれば、設定を変えることでなんとかできる問題かもしれません。それも調べずに、ただ文句だけ言うのはなんだか違う気がしています。

アイデア次第で、どうにでもなる問題だったかもしれないのです!

今回の記事のまとめ

何か新しいものが生まれる時、実は不便を便利にするためにアイデアが生まれるのかもしれません。その不便を便利にした時、初めて新たな商品やサービスが生まれるのかしれません。

筆者は、考え過ぎてしまうことがあります。考えるの部分を自分の批判回避ではなく、どうしたら快適になるのかアイデアを出すことにフォーカスしていけるようにしたいと思います。

筆者のアイデアが、誰かを救うと信じて…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。