Aoiの独り言|ブログを読むことに対して筆者が思ったこと

Pocket

最近はブログを書いている影響からから、ブログを読む機会も増えてきました。ブログは私にとって、生活の一部になりつつあります。今回は、ブログを読んでいて感じていることについて記事にしたいと思います。

もくじ

  1. ブログは書くだけにするつもりだった
  2. 本とブログの違い
  3. 筆者がよく読むブログ記事
  4. 筆者はいつか海外旅行に行く
  5. 今回の記事のまとめ

ブログは書くだけにするつもりだった

ブログを始めて、ブログは書くだけにしようと当初は決めていました。なぜなら、筆者は本を読んだりする事が苦手だからです。また、以前は本を読んでいて途中で最後まで読まずに辞めてしまう事が多かったのです。

しかし、ブログを読んでいく中で、本とブログは違うということが明確に分かりました。そのため、別の方のブログをもっと読みたいと感じております。具体的にどの部分が、本とブログに違いがあるのか書いてみます。

ブログは読まないだろうと、勝手に思っていました。

本とブログの違い

筆者が感じている本とブログの違いについて、書いてみたいと思います。本に関しては、必要でない情報も全て含まれているためちょっと負担に感じます。しかしブログだと、好きな記事を選んで読むことが出来るので良いです。

そして、本だと文章が多いのに対して、ブログだと写真がはさまっていたりすると、とても読みやすく感じます。筆者は普段、漫画本をよく読んでいるからかもしれません。筆者的には、写真と文章の組みわせが読みやすいです。

筆者は決して、本を否定しているわけではございません…。

筆者がよく読むブログ記事

しかし、他の方のブログを読んでみて海外に行っている方のブログや、その他の知識も知ることができるのでとても楽しいことがわかりました。美味しい料理のブログに出会えたら本当に嬉しいです。

料理の知識が増える

私は、ご飯を食べることが大好きです。そのため、料理のブログはとても好きです。また、料理の写真が添付されているブログも多く食べたくなる写真ばかりです。料理ブログは、本当に大好きす。

国内旅行のブログ

旅行ブログは、とても楽しいです。色々な地域の特色や、温泉などの情報がみられるからです。特に、コロナの影響でどこにも出られない今の状況なので、こうしたブログはとても有益で楽しいです。

海外旅行のブログ

海外は、筆者にとって夢のような場所です。筆者は、いつか海外旅行に行きたいと思っています。そのため、海外旅行のブログはとても見応えがあります。ハワイには、一度行ってみたいと思っております。

筆者はいつか海外旅行に行く

筆者は、いつか近い将来海外に行きたいと思っています。そして、色々な方のブログを読んで更に海外に行きたい気持ちを膨らませています。コロナが落ち着いたら、海が綺麗な場所へ旅行に行きたいと考えております。

まず、手始めに沖縄に行きたいです!

今回の記事のまとめ

ブログは、私の一部になりつつあります。そして、ブログ記事を読むことに関してもしかりです。これからも、毎日投稿を頑張って続けていきたいと思います。これからも、ブログ記事を読み続けていきたいと思います。

私にとってブログは、知識の泉に似ています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

6件のコメント

  • わかります!!
    私もお料理の記事と旅行記事はとっても楽しくなります(*^^)v
    お料理の記事は、こんなお店があったのか~とか、こんなお料理があるのか~って思えるし、
    旅行の記事に関しては、ガイドブックに載ってないリアルな感想や情報が知れるので、ブログっていいなあ~って思います(*^^)v

    • tabisurueiyoushi様
      コメントありがとうございます!
      確かに、雑誌に載っていない地元の情報などがみられるって楽しいですよね〜!
      ブログが読みたくなるのは、そこにもあるのかもしれません♪
      写真見てると実際に食べたくなるんですよね><

      またお立ち寄りいただけたら、嬉しいです!!

  • 私も同感です!行きたい場所が色々見つかるのは楽しいですよね☆
    いつかブルガリアにもお越しください!(^^)! 

    • chebandgena様
      ブログって本当に楽しいですよね!
      私もブログを始める前は、ブログは読んでいなかったです><
      めちゃくちゃもったいないと感じました><
      ブルガリいつかいってみたいです!
      ブルガリの有名なものって何かありますか?

      またブログに来てくださいね!!

  • 私の場合はドイツに41年住んでいるので浦島太郎で、逆に日本のことが分かりません…

    最近、和牛と関係を持ち始めたので、今度是非ご紹介致します。

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。