Steamゲーム|孫とおばあちゃんが繰り広げる仁義なき戦い?!Granny Simulatorというゲームがクレイジー過ぎたため記事にしてみた!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事はポッキーの動画を元にしております!

こちらのゲームは、おばあちゃんと孫が繰り広げる仁義なき戦いを描いたゲームになります。日本のゲームにはない、どこかクレイジーチックなゲームであることは間違いありません。クレイジーゲームを求める方は、是非プレイしてみてください。

もくじ

  1. どのようなゲームなのか
  2. 対戦ゲームでもプレイ可能
  3. ストレス発散になるかもしれない(?)
  4. 今回の記事のまとめ

どのようなゲームなのか

通常子どものいたずらといえば、家に落書きしたりすることだと思います。しかしこちらのゲームでは、孫がおばあちゃんにフライパンや危ない武器を投げるクレイジーなゲームとなっています。通常であればいけないことですが、ゲームの世界であればなんでも許されてしまうのが逆に怖いですね。

In Granny Simulator there are two players, a feeble old grandmother and her lovely grandson. The grandmothers objective is to complete her every day routine while the grandson utilizes uncanny violence and pure brutality to stop her.

The grandmother can find items around her house to help fend off her grandson while she completes her objectives.

The grandson can also find objects around the house to throw at his grandmother. Some of the objects are locked in containers that require keys to be opened which can be found around the map.

おばあちゃんシミュレーターには、弱々しいおばあさんと素敵な孫の2人のプレイヤーがいます。祖母の目的は、孫が彼女を止めるために不気味な暴力と純粋な残忍さを利用している間、彼女の毎日のルーチンを完了することです。

祖母は、目的を達成している間、孫をかわすのに役立つアイテムを家の周りで見つけることができます。

孫はまた、家の周りにある物を見つけて、祖母に投げつけることができます。一部のオブジェクトは、マップの周囲にあるキーを開く必要があるコンテナにロックされています。

Steamより引用/Googleより翻訳

このゲームの中の家では、子どもがおばあちゃんに対して決していたずらでは済まされない行為をおこないます。しかし、おばあちゃんも負けてはおらず、光線銃で孫を撃ったりとても穏やかなゲームではありません。ネタゲームとしては面白いかもしれませんが、虐待を助長しそうで怖いですね。

対戦ゲームでもプレイ可能

どうやらこのゲームは、おばあちゃんと孫になって2人でプレイすることもできるようです。そのため、お互いに武器を持って対戦し合うこともできます。対戦ゲームになると、通常より熾烈な争いになりますので、もっと戦いが過激になります。

通常、小さなお子様はいたずらをするのが大好きです。しかし、あまりにも過激すぎるのはいかがなものかと思います。ゲームの中だから許されることもありますが、これが現実世界だったとしたらちょっと怖い光景だと思ってしまいましたね。

ゲームだからこそ許されることって、結構ありますよね!

ストレス発散になるかもしれない(?)

この世の中には、色々な規制がたくさんあります。しかし、その規制もゲームの中では許されてしまう部分があります。ゲームの中と現実世界とで、しっかりと線引きする必要がありますが、こうしたゲームでストレスが発散できるのだとしたらそれはそれでいいと筆者は思います。

また、これは筆者の勝手な解釈なのですが、海外で作られたゲームほどクレイジーな設定のものが多いです。こちらのゲームもそうですが、小さな子どもがおばあちゃんを襲撃(という名のいたずら)するゲームとなっています。そうした点では、日々のストレス発散になります(?)

ただし、筆者はプレイ動画を観ているだけで十分です!

今回の記事のまとめ

今回は、孫とおばあちゃんが繰り広げる仁義なき戦いのゲーム、Granny Simulatorというゲームについて記事にさせていただきました。筆者は普段、こういうクレイジーゲームはプレイしません。しかし、動画配信が主流になっている今はプレイしなくても動画が観られるのでいい時代になりました。

ゲームのダウンロードはこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。