Steamゲーム|複雑な人間関係に疲れ果てたあなたへ贈る!NOSTALGIC TRAINという田舎を探索するゲームについて記事にしてみた!

Pocket

こちらの記事はレトルトの動画を元にしております!

皆さんは、一度は田舎のおじいちゃんやおばあちゃんの家で遊んだことがあるでしょうか。しかし、今では都会に住むおじいちゃんやおばあちゃんも存在するので、もしかしたら田舎に住んでいることすら少ないかもしれません。今回は、田舎を探索するゲームについて記事にしていきたいと思います。

もくじ

  1. きっと懐かしい気持ちになるはず
  2. あちらこちらに散らばっているメモ
  3. いまだからこそプレイしたいゲーム
  4. 今回の記事のまとめ

きっと懐かしい気持ちになるはず

筆者は都会に住んでいますが、おじいちゃんとおばあちゃんの家は田舎にあります。そのため、自然豊かな森や風景が広がっています。以前こそ、思い立った時にいきたい場所に行けていました。しかし、コロナが始まってから、いきたい場所に行けなくなり人々の生活は縛られてばかりです。

眩しくて目が開けられない。 セミの声と湿度の高い空気に全身が包まれる。微かに交じる潮風の匂い。
古い駅舎の木のベンチに座っている。
ここはどこだろう、何をしていたのだろう……。

懐かしいような田舎の風景。
「夏霧」と書かれた駅。
単線の鉄道。
光の中から放り込まれたように目を覚ました私は、記憶を失っていた。
不思議なことに、この見知らぬ土地には誰の姿も見当たらないのだった……。

UE4で制作された日本の田園風景の中で、
見えなくなった夏霧の人々と「私」の謎を解き明かしていく少し切なく幻想的な一人称視点ADV / ウォーキングシミュレーター。

ストーリーモード「旅の終わりに二つのゆらめき」と
夏霧の世界を自由に歩き回ることができるフリーモードを収録。

個人インディーゲーム制作者 畳部屋がお送りする
物語と景色の織りなす幻想世界の中にあなたもゆったりと浸ってみませんか。

Steamより引用

しかし、ゲームの中であればいきたい場所へ行けます。そのため、感染病などに関係なく、その場の雰囲気を楽しめるのかもしれません。また、バックでセミの鳴き声がすることから、遠い昔のあの夏の日に戻った感覚になります。鉄道が好きな方には、このゲームがオススメかもしれません。

あちらこちらに散らばっているメモ

探索を続けていくと、あちこちにメモが残されています。そのメモを見てみると、懐かしい時代風景が見て取れたり、はたまた昔の知識的なこともちりばめられています。もしかしたら幼い頃に、一度は皆さんも体験したことのある内容や、知らなかった知識が追加されるかもしれません。

夏霧メモ その20 夏祭り

夏祭りはお盆の時期に行われ

もともとは盆祭りは死者を供養するための行事だといわれています。

しかし起源はどうであれ夏霧の祭りも厳粛な宗教行事という色彩は強くなく

すでに鎌倉時代には、農村の住民のハレの場、非日常の空間を演出するような

夜通し歌い騒ぎ、踊るイベント事としての性質に変質して行きました。

日本中に都会の文化、海外の文化まで流れ込み

様々なイベントから新しい映画の公開まで

その時その時の刺激がいつでも手に入る時代と違い

昔ながらの季節とともにゆったり暮らす人々も何かしらの特別な時間

というものを必要としていたのかもしれません。

動画内のメモを引用

いまだからこそプレイしたいゲーム

なかなか外に出歩けなくなった今、実はこうしたゲームが再び流行るのかもしれません。子供の頃は、自然が遊びのようなものでした。しかし、現代的な楽しいを知っていくに連れて、だんだん自然と友達ではなくなってきます。こうした自然の中で遊ぶことは、大人になればなるほど億劫になるのです。

しかし、こうしたゲームをプレイすることによって、また自然と遊びたいと思うのかもしれません。筆者は都会に住んでいるので、こうした風景をみることはあまりありません。しかし、田舎のおじいちゃんやおばあちゃんの家に行くときは、内心とてもワクワクしていたことを今になって思い出します。

こうしたゲームは、懐かしい気持ちを再び思い出させてくれるのかもしれません!

今回の記事のまとめ

今回は、どこか懐かしい雰囲気がするNOSTALGIC TRAINというゲームについて、記事にしてみました。いつの日か、列車から降りた時に田舎のおばあちゃんが迎えにきてくれたことを、この記事を書きながら思い出していました。それは、遠い昔の筆者の大切な思い出です。

ゲームのインストールはこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2件のコメント

  • 東京の蒲田駅の前に、電車の喫茶店がありました。
    懐かしい。。。

  • 購読ブログの検索窓にAoiさんの入れたら、自分のサイト側で見られるようになったよ!
    まだまだ知らないこと多そうだな〜。汗

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。