Steamゲーム|複雑な人間関係に疲れ果てたあなたへ贈る!Goat Simulatorというヤギになりきるゲームをご紹介!

Pocket

動画はこちらから!

こちらの記事はtowacoの動画を元にしております!

皆さんは、人間以外の動物に1日だけなれるとしたら、何になりたいでしょうか。筆者は、鳥になり切って空を自由に飛びたいです。某アニメみたいなことを言っていますが、現実の世界ではなくゲームの世界ならそんな夢が叶ってしまいます。今回は、ヤギになりきって遊べるゲームを紹介します!

もくじ

  1. どんなゲームなのか
  2. バカゲーと言われた由縁
  3. 街中にちりばめられている遊具
  4. 今回の記事のまとめ

どんなゲームなのか

このゲームは、恐ろしいヤギが街中を破壊していくゲームです。現実世界でも、野生の動物が稀に下界に降りてきて、悪さをすることがあると思います。通常ならそんな体験はできませんが、ゲームの世界だからこそ、ヤギになり切って街中を破壊するスリルを味わえるのかもしれません。

Goat Simulator(ゴートシミュレーター)は次世代のヤギシミュレーションを提供する最新のヤギシミュレーション技術です。 もはや、ヤギになる空想をする必要がありません。
あなたの夢がついに実現しました! 履歴を書くためのWASD。

ゲームプレイ上では、Goat Simulatorは要するにあなたがヤギになり、できるだけ多くの破壊を引き起こすることができます。 それは昔のスケーティングゲームにたとえられましたが それはスケーターになる代わりに、あなたがヤギになり、技を行う代わりに、あなたがモノを破壊すことを除いてです。 後方宙返りをするなど、かっこよくモノを壊してください。
窓からバケツを頭突すれば、さらに多くのポイントを得ることができます! また、スチームワークショップを回転させ、自分のヤギ、レベル、 ミッションなどを作ることもできます。 ヤギのことになると、あなたはそこを通り、すぐに立ち去り、ゲームを破壊することができるので、限界はありません。

Steamより引用

こちらのゲームは、Switchやスマホでも遊ぶことができます。また、筆者はiPhoneで遊んだことがりますが、無料で遊べる場所も存在していて、スマホでも難なく遊ぶことができました。そのため、もし気になる方は、PCではなく手始めにスマホ版で一旦遊んでみると良いと思いますよ。

初めは破壊に抵抗がありますが、慣れてくると面白いものです!

バカゲーと言われた由縁

こちらのゲームがバカゲーと言われている由縁は、なんと言ってもふざけたBGMだと思います。なんとも気の抜けたBGMに、プレイしていて一体何をしているのかわからなくなってきます。ただ、だんだんプレイしていくと、このふざけたBGMが逆に面白味が増してきます。

また、このヤギができることとしては、破壊行動や街の探索などです。稀に金色のヤギのトロフィーが手に入り、それが街の至る所にちりばめられています。ストレス発散にはなるかもしれませんが、ゴールみたいなものはありませんので、やめ時がわからなくなる感じですね。

人間をやめたいときは、良いのかもしれません!

街中にちりばめられている遊具

街中には、このようなトランポリンや巨大扇風機などが設置されています。そのため、通常ではできない動きも可能にしてくれます。また、背中につけて飛べるジェット機や巨大プールの滑り台なんかもありますので、そうした遊具でも楽しむことができます。

筆者がプレイしていたときは、ステージが一つしかありませんでした。しかし、アップデートがされていて、遊園地などの場所が追加されているようです。色々なステージが追加されたことにより、さらに遊べる幅が増えたのではないかと、筆者は思いますね。

以前に増して、ステージが増えているようです!

今回の記事のまとめ

時に私たちは、人間であることを忘れたい時があると思います。現実世界では到底叶いませんが、ゲームの世界であれば別のキャラクターになることができます。本当はいけないことでも、ゲームの世界なら許されることもあります。ただし、現実とゲームの世界は切り離しましょう。

ゲームのダウンロードはこちらから!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2件のコメント

  • こんなゲームは誰が考えられるの?本当に珍しい。笑わせたwww

    • Dante様

      コメントありがとうございます!
      このゲームを初めて知ったときは発想が面白いと思いました(笑)
      私もiPhoneでダウンロードしてプレイしましたが、とても面白くしばらくハマってしまいました><
      ゲームでめちゃくちゃ破壊行為して楽しんでいたことが思い出されます(笑)

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。